夏バテ対策の食べ物とレシピ!運動だけじゃ予防できない?

夏バテ

この夏、夏バテしませんでしたか?

ここでは夏バテの5大原因と対策について触れていきます。

食べ物、水分、運動、睡眠、生活習慣

の面から、夏バテ知らずの体環境づくりをしていきましょう。

夏にいい食べ物のレシピとしては、梅干しやミョウガ、シソなどさっぱりした食べ物のレシピもありますし、うなぎなど体力を作るレシピなどがあります。

また、食べ物だけでなく、水分補給の仕方にも気を付けなければなりません。

それから適度な運動で夏バテ対策が出来るんですよ。

5大要因を上手く乗り切る対策を立てて、来年も楽しい夏にしたいものですね。

【スポンサーリンク】

①食べ物、水分と夏バテの関係

夏バテ対策①冷たい食べ物は摂り過ぎない

アイスや冷たい食べ物や飲み物ばかり摂ると、消化機能が低下してしまうのです。

そうすると、栄養が吸収されにくくなって、下痢を起こしたりしてしまいます。

下痢をすると栄養が流れてしまいますので、体力が落ちるんです。

夏バテ対策②3つの栄養素を含む食べ物

食べ物でも積極的に摂っていきたいのが、

エネルギーを生み出すビタミンB1。

疲労回復になるクエン酸。

弱ってしまう胃粘膜を守るβカロチン。

夏バテしないように、毎日のレシピに、以上の食べ物レシピを積極的に摂りいれましょう。

夏バテ対策③水分補給の摂り方

夏バテしない水分の摂り方にも注意が必要です。

暑くて喉が渇くのは分かりますが、冷たい水分を飲みすぎたり、熱中症や脱水症状を防ぐためだと、がぶがぶ飲むのはNGです。

とは言っても、水分補給は絶対に必要なものです。

体重の3%の水分が不足すると心臓が負担がかかり、身体機能が鈍くなってしまうからです。

汗をかいた分だけ水分を摂取する、というのを目安に、摂り過ぎず、足りなさすぎずにしましょう。

夏バテ対策には、食べ物と飲み物にも気を配らなくてはいけません。

夏バテ対策に効果的な、食べ物のレシピも参考にしてみましょう。

レシピ次第では、全然夏バテ知らずに過ごせるかもしれませんし、レシピを知っていると何かと助かります。

②運動と夏バテの関係

運動不足が夏バテをひどくさせることをご存知ですか?

夏だからこそ運動をしないといけないんです!

冷房で冷えてしまった身体は、血行促進や自律神経の働きを鈍くさせてしまいます。

夏バテ対策④激しい運動は不要

夏バテを改善させるには、運動・・・と言いましても激しい運動ではなく、

ラジオ体操やヨガ、ストレッチなどをお勧めします。

朝の涼しい時間や夕方などにウォーキングすることもいいですよね?

昔の子供は夏休みに朝ラジオ体操が義務付けられていたんです。

夏バテしない運動として理に適っているということでしょうね。

夏だからといって運動なんて・・・。

と思ってしまいがちですよね。

ですが、運動して汗をかくのは、逆に夏バテ対策になるんですね。

運動が苦手な人は、ウォーキングだけでもOKです。

積極的に運動して、夏バテしないように体を強くしましょう。

③睡眠と夏バテの関係

夏といえば夜のイベントが楽しみ!と言う方も多いと思います。

花火大会やお祭りなどの特別なイベントの時は、夜に出かけることもあります。

それでもやはり、夏バテを乗り切るには早寝早起きは基本中の基本です。

夏バテ対策⑤眠りやすい環境を作ろう

朝は日光を浴びることで、体内時計がリセットされます。

そうするとメラニンが分泌されて、14時間~16時間が経つと自然に眠くなるはずなんです。

寝る時は眠りやすい環境を作っておきましょう

特に生活の基盤となる食べ物と運動、睡眠は欠かせないですよね。

食べ物はレシピを工夫して、夏を乗り切るレシピをどんどん生かして、夏バテに役立てたいですね。

そして、日中は運動をして、夜の自然な睡眠に役立てたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *