生理痛はツボで緩和?手から足に腰痛対策もしよう!

生理痛の強弱は人それぞれですが、生理痛があまりにもひどい人は、学校や会社を休むほどです。

それでも、生理痛は病気ではない、と男性にはあまり理解されていません。

だとしたら、自分でどうにかするしかありませんよね。

そこで、手軽に出来る生理痛改善法として、ツボ押しがあります。

手にも足にも、生理痛を緩和するツボがあります。

手や足なら自分でも出来ますよね。

そして、生理痛と言えば腹痛と腰痛もついてきます。

腹痛もそうですが、腰痛もなかなかツライものです。

手足のツボ押しの場所を公開。

そして、生理痛の中の腰痛に関して調べてみました。

【スポンサーリンク】

➀生理痛の手足のツボ

手のツボ

〇ツボ1:合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨が交わる部分よりも、やや人差し指よりのくぼみ。

効能:生理痛、頭痛、歯痛、肩こりの緩和

足のツボ

〇ツボ2:血海(けっかい)

足の膝の内側のお皿の上、指2本と指半分上。

効能:生理痛の緩和生理不順の改善

〇ツボ3:足三里(あしさんり)

足の膝のお皿の外側にあるくぼみから、指4本分下、脛の骨の外側。

効能:生理痛の緩和、胃腸トラブル改善

〇ツボ4:三陰交(さんいんこう)

足の内くるぶしの一番高いところから、指4本分上の、脛の骨の後ろ側にあるくぼみ。

効能:生理痛緩和、婦人科トラブル、冷え性改善

〇ツボ5:照海(しょうかい)

足の内くるぶしの一番高いところから、親指1本分下、内くるぶしの真下のくぼみ。

効能:生理痛の緩和、生理不順の改善

➁生理痛が手や足のツボで改善する理由とは?

生理痛とは一見関係ないのに、手や足のツボを押すと痛みが消える。

これは何故なのでしょうか?

私たちの体には皮膚に刺激を与えると、反射的に自律神経の作用によって、心拍数や血流など、身体の変化が起こるという仕組みになっています。

これを 体性 - 内臓反射 と呼んでいます。

この作用を利用したのが、整体や針灸なのです。

手足にはたくさんのツボがあり、手足のツボの痛み具合で、体調が分かります。

生理痛も手足のツボ押しで緩和出来るのなら、やらない手はないですよね。

➂生理痛で腰が痛くなるのは何故?

生理痛の中でも腰痛が起こるのは、生理の時期に起こるホルモンの急激な変化が関係しています。

生理期に入ると、経血を出しやすくするために、骨盤が開いていきます

その際に、骨盤を開きやすくするため、リラキンという関節を緩める働きをする、卵巣ホルモンの一種である物質が分泌されます。

その働きこそが筋肉や腰へ影響していき、生理中に生理痛として腰痛が起こる訳です。

生理中の腰痛を和らげる方法

〇テーピング

生理痛の腰痛の緩和にはテーピングがお勧めです。

骨盤をぐるっとテーピングで一周させることで、腰をサポートします。

〇ツボを刺激

生理痛のツボと合わせて、腰痛のツボも刺激するといいですね。

腰のツボは自分では押しにくいので、カイロで腰を温める方法もあります。

〇お灸

全身の血流が良くなり、硬くなっている腰の筋肉がほぐれます。

それによって、腰痛が緩和出来ます。

生理痛は月に一度やってくる、女性にとってはブルーな日です。

手足のツボ押しで生理痛が緩和して、少しでもブルーデイを無くしていきたいですね。

また、生理痛の一種腰痛も、ご紹介したような方法で緩和していくことで、少しでも生理痛から解放してあげたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *