背中ニキビの原因は男女で違う?改善は食べ物からしよう!

背中は見えない部分であるので、背中ニキビが出来ていても、なかなか気付くことが出来ません

気付いた時は、ひどくなっていた、といったパターンも多いことでしょう。

今回はそんな背中ニキビの原因を追究していきます。

また、原因の中には女性ならではの原因もあり、女性に背中ニキビが出来やすいことが伺えます。

女性である限り、見えない部分まできちんとケアしたいですよね。

それには、原因から改善していくことも大事ですが、まず、背中ニキビを作らせてしまう食べ物にも気を付けたいところ。

背中ニキビの原因となる、NGな食べ物をご紹介します。

【スポンサーリンク】

➀背中ニキビの原因-part1-

背中ニキビは顔とほぼ同じような原因で出来るのですが、菌の種類が違うことが分かっています。

背中ニキビの原因菌となるのは、マラセチア菌というカビの一種です。

そうなんです、背中ニキビの原因はカビだったのです!

マラセチア菌は皮脂が多く毛穴が詰まったところが好きなようで、特徴として痒みが出たりとか、痛みを感じたりはしないので、なかなか気付きにくいことがあります。

ですから、気付かれないまま、放置されていることで、どんどん背中ニキビが増えていってしまうある意味恐ろしい菌なのです。

➁背中ニキビの原因-part2-

背中ニキビが出来る原因として他には、女性であっても男性ホルモンが過剰に分泌されて、女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。

そうすると、自律神経が乱れ、交感神経が優位になっている状態になってしまいます。

交感神経が優位になるとどんなことが起こるか?

緊張状態が続いて、リラックス出来ない。

身体も心も常に昼間スイッチのまんま、ということになります。

女性は生理前になるとニキビが出来やすいと言われますが、これは、ホルモンバランスの崩れが原因です。

生理前後には黄体ホルモンが分泌されるので、生理痛があったり、肌荒れ、ニキビが出来やすい環境になってしまっています。

実はこの黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きがあるんです。

つまり、女性は月に一度は、男性ホルモンのような黄体ホルモンが分泌されてしまうので、背中ニキビも出来やすくなるわけですね。

女性でありながら、女性ホルモンと男性ホルモンを抱えるのは、大変ですね。

➂背中ニキビにNGな食べ物

NGな食べ物1:糖質

お米、麺類、パンといった食べ物は炭水化物ですよね。

炭水化物は糖質に分解されてしまいます

その糖質こそが、皮脂を作る役目を担っているのです。

また、肌のターンオーバーに必要なビタミンB群の吸収をブロックして、毛穴を詰まらせる原因となってしまうのです。

NGな食べ物2:脂肪

肉や揚げ物といった食べ物も、脂肪分が皮脂を作り出すことでオイリー肌を作ってしまいます。

身体に溜まる中性脂肪と同様に、毛穴にも脂肪が皮脂となって詰まってしまいます。

NGな食べ物3:刺激物

辛い食べ物は、新しいお肌を作るためにはいい食べ物なのですが、炎症が起こっている時は、逆に悪化させてしまう食べ物です。

同時に胃を刺激してしまうので、胃が荒れてニキビに繋がる原因となります。

背中ニキビには、様々な原因が潜んでいることが分かりました。

女性ならではの背中ニキビの原因。

食べ物での背中ニキビの原因。

様々ですね。

これからの季節、背中を見せるシーンが多くなってきます。

夏に向けて、背中ニキビを治して、美しい背中、後ろ姿を実現できるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *