パサつく髪の解消方法┃オイル&シャンプーでの対処法は?

パサつく髪に悩まされている人もいるかと思います。

冬は空気の乾燥で、夏はエアコンの乾燥で、髪がパサつく経験、誰でもありますよね。

髪は女性にとっては命とも言える大事な部分。

パサつく髪の対処法が知りたいですよね。

それには、ヘアオイルや、シャンプーの種類。

シャンプーの仕方や、ドライヤーの仕方にまで及びます。

自分でどこまで対処法を実践できるのか。

  • ヘアオイルをする意味
  • シャンプーの選び方

などを含めて、ご紹介していきます。

パサつく髪の対処法を是非実践してみて下さい。

【スポンサーリンク】

➀パサつく髪にはヘアオイル

パサつく髪が気になった時には、シャンプーやトリートメントを変える前に試してほしいのがヘアオイルです。

何故、パサつく髪にヘアオイルがいいのか。

その理由がこちら。

パサつく髪の潤いを逃がさない

仕上げにヘアオイルをつけることで、パサつく髪でも潤いが逃げないように、フタをする役目があります。

スキンケアでいうところの、乳液のような役割だと思って下さい。

コーティングしてパサつく髪を守る

髪はドライヤーの熱、ブラッシングの摩擦、紫外線などから、多くのダメージを受けています。

ヘアオイルで髪をコーティングすることで、外的ダメージから守ってくれます。

パサつく髪の毛流れを整える

ヘアオイルには乾燥してパサつく髪の保湿だけではなく、髪のパサつきに艶を与えて美しく仕上げることが出来ます。

➁パサつく髪の原因はシャンプーにあり

シャンプー選びを間違えると、洗うたびに髪の水分が失われます。

市販で売られているシャンプーのほとんどが、洗浄力が強いものなんです。

洗浄力が使いシャンプーを使うと、キューティクルが壊れて、水分が逃げてしまいます。

では、パサつく髪にはどんなシャンプーがいいのでしょうか?

パサつく髪には、洗浄力が優しい、アミノ酸系シャンプーがお勧めです。

洗浄力が優しいと、髪の水分が逃げにくくなり、水分をキープできるので、パサつく髪にもいいワケなんです。

➂パサつく髪の対処法

対処法1:シャンプーの方法を見直しましょう

間違ったシャンプーのやり方だと、髪を傷め、水分や栄養を失い、髪がパサつくことに繋がってしまいます。

髪がパサつくのを防ぐために、正しい髪の毛の洗い方を見て行きましょう。

➀入浴前にブラッシングで汚れを落とす

➁シャワーの温度はぬるま湯で

➂シャンプーをつける前に予洗いして入念にする

➃手でシャンプーを泡立ててから髪にのせる

➄すすぎは入念に行う

対処法2:髪は丁寧に乾かす

パサつく髪の対処法では、ドライヤーのかけ方にも言及していきます。

➀まずは頭皮や髪の毛の根元から乾かしていく

➁ドライヤーを上から下に当てて、毛先まで乾かす

➂ドライヤーの冷風を当てて、キューティクルを引き締める

その他にもパサつく髪の対処法として、乾燥や紫外線対策が必要です。

それと同時に、生活習慣の見直しも、パサつく髪の対処法としてはお約束事になります。

パサつく髪でいることで、それがコンプレックスになってしまう人もいますよね。

そういった方には、是非、ヘアオイルを試していただいて、パサつく髪に良いアミノ酸系のシャンプーをお使いいただきたいです。

それらの対処法でだいぶ違ってきます。

最後にひとこと

自分で努力して対処法を実践していくことは、対処法の数だけ実を結ぶはずです。

パサつく髪がストレスになる方もいらっしゃいます。

そんな時はヘアオイルを付けるだけでもだいぶ違ってきます。

ヘアオイルは髪を健康的に見せてくれますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *