保湿クリームは優秀プチプラ?全体的に使えるものは?

乾燥シーズンに入り、手足、肘膝、体全体的にもカサカサお肌に悩まされている人は多いと思います。

そんな時に、助けてくれるのが、保湿クリームですよね。

保湿クリームなしでは、この冬、乗り越えられそうにありません

今では、プチプラで保湿クリームが手に入ります。

そこで、中高生でもプチプラ価格、1.000円以下で買える保湿クリームをご紹介したいと思います。

お風呂上りに体全体に保湿クリームを塗ることで、寝ている間もかゆみ知らずになりますよね。

そして、朝にも体全体に保湿クリームを塗っていけば、一日中乾燥肌から守ってくれます。

保湿クリームは上手に使いましょう。

【スポンサーリンク】

➀保湿クリームの選び方

保湿クリームは選び方がとても重要です。

そこでも特に重要なのが、保湿力が続くかどうかです。

潤いが長く続かないと、塗り直しをしたりして、プチプラで手に入れても、それじゃあコスパも悪くなりますよね

保湿力の高いクリームの成分としては、

ホホバ油

オリーブ油

馬油

といったオイル系の保湿成分。

ヒアルロン酸

セラミド

コラーゲン

といった水性の保湿成分。

これらが配合されているかどうか、保湿クリームを購入する時は、成分表にも目を向けましょう

保湿クリームを体に塗る時、リラックスした香りがついていることは当たり前になりましたね。

ですが、

香りの良い保湿クリームは保湿力が低い。

保湿力の持続性が高いと、保湿クリームの香りが弱い。

といったふうに、2つを兼ね備えている、体につける保湿クリームはなかなかないのが現状です。

➁プチプラで選ぶ保湿クリーム1.000円以下の場合-No.1-

〇ニベアクリーム

しっとりとした素肌を保湿するクリーム。

古くからあるので、ニベアはあまりにも有名ですよね。

また、マドンナさんが愛用している高級クリームと、ニベアクリームの成分がほぼ同じと話題になりましたね。

マドンナさん愛用の高級クリームの150分の1の値段で買えるニベアです。

スクワラン、ホホバオイル配合のプチプラ保湿クリーム。

顔、体へのスキンケアが出来る、万能なプチプラ保湿クリームです。

〇ニベアソフトスキンケアクリームジャー

角質層に保湿成分が素早く浸透します。

青缶のニベアより、べた付きがなく、肌を本来の潤いを守ります。

クリームというより、乳液のようなテクスチャーで、体にも使えるプチプラ保湿クリーム。

しっとり、潤い、長続きの3ステップを可能にしたプチプラ保湿クリームです。

〇ジョンソンボディケアエクストラドライスキン高保湿クリーム

乾燥が気になる体の部位、肘、膝、かかとなど、スポットケアに向いています。

保湿成分たっぷりなのに、肌馴染がよく、浸透力も優れていて、べた付かないプチプラの高保湿クリーム。

➂プチプラで選ぶ保湿クリーム1.000円以下の場合-No.2-

〇薬用ユースキンSクリーム

しその葉エキスをはじめに、潤い成分配合の保湿力を高めたスキンケアクリーム。

外部の刺激や乾燥からお肌を守ります。

体にも顔にも使えるプチプラ保湿クリームです。

〇キュレルクリームチューブ

潤い成分「潤浸保湿セラミド機能成分」配合

かさつくお肌しっとりなめらかに整えます。

荒れ性、肌荒れを防いで、顔や体にも使えるプチプラ保湿クリームです。

プチプラで手に入るのに、手足だけでなく、体全体に使えるのがコスパが良いですね。

体に乾燥を感じたら、プチプラで保湿クリームをゲットしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *