化粧直しはパウダーが簡単!コンパクトとツヤが大事?

powder-in-the-balls-1778619_960_720

メイクグッズをごっそり持って、パウダールームでせっせと化粧直し

コンパクトに化粧直しが出来れば・・・と常に思ってきました。

そんな時に、フェイスパウダーを使えばあっという間に化粧直しが出来ることを発見しました!

フェイスパウダーも進化していて、化粧直しに使いやすいように特有のツヤだけでなくコンパクトサイズのものが多く出ているんです。

コンパクトですから化粧直しの際、フェイスパウダーだけ持って行けば用は済んでしまう訳です。

フェイスパウダーは化粧直しにも最適ですが、コンパクトであり、何といってもパウダーの粒子がツヤを出してツヤツヤ肌へと仕上げてくれるんです。

スポンサーリンク

➀化粧直しにはフェイスパウダーが便利

化粧直しはパパッとコンパクトに済ませたいですよね。

女性は毎日忙しいのですから化粧直しにだけ時間はかけられません。

だからと言って、化粧直しせずにノーメイクなんて有り得ません

化粧直しにはコンパクトフェイスパウダーを使えば、上から軽く重ねるだけで、厚塗り感も出なく綺麗なツヤツヤお肌に仕上げることが出来るんです

化粧直しにおいてフェイスパウダーは油分を吸収して肌をサラッとツヤを保ちます。

そのまま肌をふんわりとカバーして、ナチュラルな印象を与えてくれます。

フェイスパウダーの粒子が光を拡散し、ツヤを出してくれるので、コンパクトに益々魅力的なツヤツヤ肌へ生まれ変わらせることが出来るのです。

化粧直しで勘違いしている人が多いのが、ファンデが崩れたからファンデを塗り直せばいい、という点。

ここで改めて言いたいのは、化粧直しをするならフェイスパウダーが向いているということです。

➁化粧直しにはコンパクトフェイスパウダー

化粧直しに利用するファンデーションとフェイスパウダーの違いは、パウダーファンデーションよりも粉分が多いことです。

油分が多いほど肌に密着するため、カバー力が高くなる訳ですね。

でも、その代わり、肌への負担も高くなります

油分が少なく粉分の多いフェイスパウダーは、そういった点でも化粧直しに適していると言えます。

ここで、きちんと化粧直しに大事なパウダーファンデーションとフェイスパウダーの違いを見てみましょう。

パウダーファンデーション・・・お肌のトラブルをしっかりカバーして、綺麗なツヤのベースを作る

フェイスパウダー・・・ファンデーションの仕上げに使い、立体感やナチュラルさを演出し、化粧崩れを防ぐことが出来る

また、化粧直しのフェイスパウダーも二つに分かれていて、リキッドファンデの仕上げに肌の密着度を高めるルースパウダー

小さくコンパクトでカバー力が高いプレストパウダーの2種類があります。

➂化粧直し時のフェイスパウダーの使い方

step1:あらかじめテカリをとる。

化粧崩れでメイクが浮いてドロドロしたら、皮脂を取り除くことが第一

これは基本の基本です。

setp2:気になる部分にだけ乗せる。

しつこいようですが化粧直しにファンデーションは適していません

コンパクトなフェイスパウダーを気になる部分のみに使うことがポイントです。

欲張って他の場所に重ねても、余計メイクが崩れたり、厚塗りになるからです。

step3:ブラシで仕上げる

付属のパフもしっかりと肌に乗せることが出来るのでいいですが、自然にふわっとしたイメージはブラシならではです。

気になる部分に優しくくるくると撫でながらつけるといいですね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *