背中の贅肉の落とし方は?筋トレで綺麗に落とすには?

美を完成させるなら、見えない部分にこそ気を配らなければなりません。

例えば、背中はどうですか?

背中に贅肉があるのに、ついおなざりになっていませんか?

背中は見えない部分だからこそ、贅肉がついてもそのまんま、なんてことしがちですよね。

そんな背中の贅肉の落とし方について学びませんか?

背中の贅肉は意外と頑固で落としにくいものです。

背中の贅肉の落とし方として、食事、運動、筋トレの分野からそれぞれ落とし方を見て行きましょう。

筋トレでは背中にピンポイントを当てて、背中の贅肉の落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

➀背中の贅肉の落とし方-食事管理-

まずは、自分にとって必要なカロリーの摂取量を知りましょう。

その上で、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにします。

計算方法

基礎代謝基準値 × 体重 × 身体活動レベルに応じた比率

背中の贅肉の落とし方として注意すべき点は、摂取カロリーをカットし過ぎないことです。

カットし過ぎると、身体の各組織の代謝を低く抑えることで生じる「飢餓反応」が起こって、却って、減量のスピードが遅くなります。

背中の贅肉の落とし方として一つ目に挙げる食事管理は、基本的には必要カロリーの量の10%以内に、カット量を抑えることがポイントです。

背中の贅肉の落とし方として、次に守るべきことは、バランスの良い食事内容にすることです。

中でも、まずはタンパク質。

タンパク質は基礎代謝を高めるための筋肉の維持や成長に、とても重要な栄養分です。

➁背中の贅肉の落とし方-運動-

背中の贅肉を落とすには、体脂肪燃焼に効果的な運動を行う落とし方が有効です。

有酸素運動効果を持っているエクササイズを通して、その運動自体で体脂肪を燃焼して、全身の筋肉を使う筋トレで筋肉量を増やします。

そうすることで基礎代謝を高めて、最終的には背中の贅肉を落とす落とし方が理想です。

有酸素運動の目安としては、

・最低30分間続けて有酸素運動をする

・一週間に3~5回を目安に続ける

ことを目標にしましょう。

背中の贅肉を落とす方法として、お勧めな有酸素運動を一つご紹介します。

縄跳び

縄跳びは有酸素運動として、また全身運動として効果が期待出来ます。

肩関節を動かすので、背中の筋肉も使います。

そうすることで、背中の贅肉を引き締めて、背中のラインを美しくします

➂背中の贅肉の落とし方-筋トレ-

全身の筋肉を鍛えることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げていけるのは、やはり全身を使った筋トレになります。

背中に絞って筋トレを考えるには、背中の贅肉は見えにくい部分であるため、他の部位に比べると後回しになりやすいです。

全体の体脂肪を落としても、背中の筋肉が緩んでいれば、それは全身単位で見た時は意味がありません。

お勧めな背中の筋トレをご紹介します。

筋トレ1:バックエクステンション

バックエクステンションは、背中を縦に長く走行する、脊柱起立筋を強化する筋トレです。

筋トレ2:ドアロウ

ドアロウは背中の筋肉の中でも最大の体積ですから、広背筋とその次に大きな僧帽筋を引き締める筋トレです。

筋トレ3:ダンベルベントオーバーローイング

両手に持ったダンベルの負荷を利用して、背中の広背筋と僧帽筋を引き締めていける筋トレです。

食事、運動、筋トレに分けて、背中の贅肉の落とし方をご紹介してきましたが、

出来ればこのトライアングルを上手く組み合わせて、背中の贅肉を落としていくことをよりお勧めします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *