チークの位置で変わる?面長や丸顔の入れ方とは?

女性のお化粧の最後の仕上げと言えばチークですよね。

チークの色や位置でだいぶ雰囲気が違ってきます。

ここでは、面長な人、丸顔の人に合ったチークの入れ方や位置を伝授出来ればと思います。

面長な人ならなるべく丸い印象に。

丸顔の人ならちょっと大人っぽい印象に。

と、チークでは自由自在に変化させることが出来ます。

チークを入れていない顔は何だか未完成のような気がしてしまいます。

それだけ、チークを入れるとアクセントになるんですね。

面長な人や丸顔の人でも、チーク次第でだいぶ変化が見られると思います。

スポンサーリンク

➀チークで顔の印象が変わる

チークの塗り方や位置ひとつで印象は大きく変わります。

チークの種類や塗り方、塗る位置まで、気を付けなければ逆効果になりかねないですから、正しい知識を入れておきましょう。

<チークの種類>

〇パウダーチーク

その名の通りパウダー状のチークです。

ブラシを用いることでさらりとした仕上がりになります。

〇クリームチーク

練りチークとも呼ばれています。

クリーム状のチークで、しっとりとした艶感ある頬を演出してくれます。

〇リキッドチーク

みずみずしいテクスチャで肌に溶け込むのが特徴です。

まるでお風呂から上がったばかりのような自然な色合いが出せます。

➁面長の人のチークの入れ方

面長さんは老けて見られやすいので、チークを使って可愛らしく見られたらいいですよね。

顔に丸みを持たせることでまるで赤ちゃんのほっぺのように見えることでしょう。

チークというのは、肌の血色をよく見せるだけでなく、入れる位置や色を変えるだけで、顔のパーツバランスを整えることが出来るのです。

面長さんのチークの手順。

面長さんは横に向かって楕円形に入れること

面長さんの場合は鼻の横から耳に向かった位置で楕円形になるように入れるとGOOD!

面長さんは頬よりも少し高い位置に入れること

面長さんはチークは頬よりも少し高い位置に入れるといいです。

チークを入れる位置も微調節でかなり重要なポイントになってきます。

頬よりも少し高い位置に入れることで、面長さんへの視線は上に集まり、縦の長さがカバーできる仕組みです。

面長さんは肌に馴染みの良いカラーを選びましょう

自分に似合うチークを探す方法はとっても簡単なんです。

指をぎゅっと握って、赤くなったところの色こそが、自分に合うチークの色となります。

➂丸顔のチークの入れ方

丸顔さんは雰囲気が柔らかく、可愛い印象なので、第一印象の好感度が高い顔型です。

ですが、丸顔さんは子供っぽく見られたり、顔の縦と横のバランスがとれずに平たい顔に見えてしまうのも事実。

ここでは、丸顔さんの魅力を活かしたチークの塗り方、位置などを4つご紹介します。

丸顔さんは顔の丸いラインを活かして立体的に見せることができる。

丸顔さんはチークを頬骨のトップを中心にして、「こ」の字を書くように入れます。

頬のふくらみが気にかかる人は、チークを縦長の位置に入れることで、すっきりした印象に。

丸顔さんは丸い顔のラインを目立たなくさせる。

チークを頬骨の上の位置から横長の位置に入れます。

さっと自然な感じでチークを入れることですっきり見えます。

入れ始めの位置を黒目の外側からにすると丸顔さんの丸いラインが目立たなくなります。

丸顔さんはチークの位置で顔が引き締まって見える。

頬骨より下の位置にチークを入れるだけで、顔が引き締まって見えます。

丸顔さんはちょっとした技術で小顔に見える。

黒目の中心から小鼻まで下がった線と、小鼻から外側に向かって伸びた線を交差させた位置にチークブラシを当てて、頬骨に添って頬骨の外端まで載せていくと小顔効果があります。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *