小顔は髪型で作る時代!前髪アレンジで意外なイメチェン?

小顔は女子たちの憧れ

小顔なモデルさんや女優さん、羨ましいですよね。

でも、自分でも髪型や前髪をアレンジするだけで、小顔に見せることが出来ちゃいます!

前髪はその人の個性を表す髪型となるもの。

他人からは分からないけれど、前髪に拘りを持っている人は多いのではないでしょうか。

今や地上にも地下にも溢れているアイドルは、前髪さえも他の人とかぶらないように工夫しています。

前髪のアレンジは簡単に出来ますので、日によって変えてみてはいかがでしょうか?

そして、小顔効果には絶対的に前髪のアレンジが必須です。

今回は丸形の顔の人の髪型、面長な顔の人に合う髪型、小顔効果も抜群な似合う前髪の髪型をご紹介します。

スポンサーリンク

➀小顔に見える髪型の特徴

小顔に見える髪型には2つの小顔ポイントがあります。

一つ目は、顔の形を卵型に見せる髪型。

二つ目は、ヘアスタイルのシルエットをひし形に見せる髪型にすることです。

正面から見た時に、髪型で作る縦横比が3:2のひし形にして、卵型の顔をその中に収めるだけで小顔効果があります。

髪で顔を隠すのではなく、顔の輪郭に合わせた隠し方をすることで、初めて成功すると言っても過言ではありません。

では、欠点を知る上でも、反対に顔が大きく見えてしまう前髪のアレンジはどういうものがあるのかも知っておきましょう。

〇前髪の長さが目元ギリギリ

〇前髪の幅が広い

〇サイドの髪をフェイスラインにかけている

〇髪のボリュームも敢えて抑えている

こんなアレンジは顔が大きく見えてしまいすので、小顔にしたい=大きく見える髪型のアレンジはしない

ということになります。

髪型のアレンジ次第では却って顔の大きさを主張してしまい、小顔どころかコンプレックスを強調してしまうことになりかねません。

➁小顔効果アリ!の前髪<丸形の顔編>

丸形の顔を小顔に見せる前髪のアレンジは、前髪を長めにしておでこを出すことで小顔効果アリ!です。

長めの前髪をフェイスラインのサイドに分け、顔の横幅をカバーすることで小顔になります。

アレンジ1:頬にかかる程度の前髪をセンター分けにする

フェイスラインで前髪に遊びを出して、輪郭の丸みを誤魔化して小顔に。

アレンジ2:サイドの長さを揃えたワンレン

ワンレンスタイルの髪型は丸形の顔を小顔にみせてくれます。

小顔効果+大人っぽい雰囲気を演出します。

➂小顔効果アリ!の前髪<面長の顔編>

顔が面長な人の顔を小顔に見せる前髪のアレンジは、前髪を厚めにとって、ふんわり下すことで小顔に

前髪を厚めにとることが大きなポイントで、輪郭の縦の長さをカバーすることで小顔になるのです。

アレンジ1:大きなカールをつけた厚めバング

前髪の毛先をくるりんと大きなカールをつける。

面長型の顔ののっぺり感の印象を消して小顔に見せることが出来ます。

アレンジ2:目元ギリギリのラインで切りそろえたぱっつんバング

直線的に切りそろえた前髪によって、縦の長さをカバーして小顔に見せます。

そうすることで目元も注目されるようになります。

イメージとしては凛とした存在感を醸し出す、出来る女のような印象ですね。

顔の縦のラインをぼかすことを意識して、幅広い厚めのぱっつんバングにチャレンジしてみてもいいですね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

 

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *