腰痛の痛みには生理時?位置に原因があるのか知りたい!

fig-1707104_960_720

重いものを持ったり、ちょっと無理な運動をすると、突然腰痛が!

という経験ありませんか?

ぎっくり腰などは割と年配の方がなるようなイメージですが、腰痛からの痛みには様々な病気が隠れているサインでもあるのです。

その腰痛による痛みは位置によっても病気の種類が違います。

腰痛による病気は右、左の位置で分かってしまうのです。

そんな腰痛の原因は色々あるのですが、ここでは女性がなってしまう腰痛の原因を調べてみました。

原因も生理痛などがあり、男性より女性の方が腰痛の痛みには強いのではないかと思いますが、女性の腰痛になると、原因や位置によって子宮系の病気が隠されているケースが多いので、特に要注意です。

スポンサーリンク

➀女性の腰痛の原因と病気-その1-

(1) 子宮筋腫

子宮の内外に女性ホルモンの作用が増えてしまうことが原因で、本来あるはずのない繊維化が起こってしまい、子宮壁などにコブ状態の塊が出来るのが子宮筋腫です。

腰痛としては鈍痛が走り、その他、不正出血、貧血、生理の量が多い、生理が長く続くなどの症状が出ます。

また、不妊の原因にもなります。

(2) 子宮内膜症

子宮には受精卵の着床の備えて子宮内膜が分厚く作られています。

着床しなければ生理によって排出されるのですが、時々、排出されないで腹壁やお腹の中に戻ってくることがあるんです。

そうすると差し込むような腰痛が起こります。

それが子宮内膜症のサインであり原因ともなります。

(3) 卵巣のう腫

卵巣に良性の腫瘍が出来ることを卵巣のう腫と言います。

卵巣腫瘍が大きくなってくると、腹壁が引っ張られてしまうので、それが原因として腰痛が現われます。

➁女性の腰痛の原因と病気

(4) 月経困難症

月経困難症とは重たい生理痛のことです。

通常生活に支障が出るくらいほどの生理痛です。

腰痛による痛みの原因はもしかしたら生理痛かもしれません。

(5) 子宮頸管炎

子宮の出入り口に位置する子宮頸管部には子宮頸管という場所があります。

そこにクラミジアや連鎖球菌などの細菌が感染して炎症を起こすと子宮頸管炎となります。

(6) 更年期障害

生理が終わり閉経するとホルモンの量が減っていきます。

そうするとホルモンのバランスが崩れてきて、更年期障害と認定されます。

その中の症状の一つに腰痛があるのです。

➂腰痛の右側と左側の痛みの違い

●右側に痛みを感じる腰痛に考えられる病気

・肝臓

・膵臓

・上行結腸

・虫垂炎

●左側に痛みを感じる腰痛に考えられる病気

・胃

・膀胱

・脾臓

また、痛みは左右どちらかの位置により仙腸内節炎や腎臓の病気も考えられています。

腰痛の中でもここで注意して欲しいのが、放散痛です!

放散痛とは痛みが広がったり、別の位置で傷みを感じることを言います。

心臓疾患の症状として現れる腹痛や腰痛が放散痛の場合もあるので注意です。

激痛が走るほどの腰痛は位置や原因に関係なく本当に注意が必要です。

男性に比べて女性は筋力が弱いので、腰に対する位置は負担の大きさが違います

女性は高いハイヒールで歩き回ったり、台所のシンクやコンロの高さに位置を合わせて家事をしたり、子供抱き上げたりと、日常生活の中で腰痛になる原因を多く持っています。

ですから、大したことない痛みと腰痛を放っておかないで、位置的にも病気の可能性もあり、原因を明確にするためにツライ時は病院へ行かれて下さいね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *