首のしわ対策は必須!その寝方と枕が原因かも?

顔は若々しくても、首のしわで年齢がだいたいわかってしまうと言います。

年と共に顔がたるみ、顎のラインが下がって出来るのが首のしわです。

顔にはスキンケアして保護したり、メイクで綺麗にすることは出来ますが、のしわのケアって案外していない方が多いようですね。

これを機に首のしわ対策をしていきませんか?

首のしわ対策と言いますが、それは寝方の工夫や、枕を変えるだけで出来る対策です。

いつものくせで寝ている寝方が、実は首のしわを作っていた。

いつも使っている枕が、実は首のしわを作っていた。

そう思うと、寝方や枕の選び方って大事になってきますよね。

それらを中心に、首のしわ対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

➀首のしわを作ってしまう原因

首のしわはあるいくつかの原因で出来てしまうようです。

首のしわを改善するためにも、まずは原因から知っていきましょう。

〇首のスキンケア不足

顔よりも首の方が皮膚が薄いので、首の保湿ってとっても大事なんです。

対策:首までしっかり手入れしましょう。

〇枕が高い

一般的に睡眠時間の平均は7時間と言われています。

その7時間ずっと、首にしわが出来ていることで、形状が定着してしまうのです。

対策:自分の頭と首の形に合った枕を使いましょう。

〇紫外線

顔には紫外線対策としてUVカットを行っていても、首まで気が回らないことが多いことが原因です。

対策:顔だけでなく首にも日焼け止めクリームを塗りましょう。

〇姿勢が悪い

猫背であったり、姿勢が悪いと言われる人は、リンパの流れを抑制しているので、首にしわが出来やすいです。

長時間のパソコン、スマホなども今の時代ならではの原因となります。

対策:外を歩く時はもちろん、家でも姿勢を意識してみましょう。

➁首のしわを作る横向きの寝方

あなたは寝るとき横向きの寝方していますか?

仰向けの寝方していますか?

横向きの寝方の方は要注意!

横向きの寝方で首にしわが出来ているのです。

日本人女性の6割以上が横向きの寝方をしています。

頭の重さって体全体の10%を占めています。

この重さが横向きの寝方をすると、常に体の右か左にかかっていることになります。

その横向きの寝方をしていることで、皮膚がたるんで、顔の左右に差が出来るので、首にしわが出来やすくなってきます。

では、どのような寝方が首にしわを作らせない寝方なのでしょうか?

それは、「S字カーブの寝方」です。

簡単にS字カーブの寝方をするなら、バスタオルを使って、布団やマットレスの間に入れたり、腰の隙間に差し込んだりして、美しい寝方で首のしわ対策をしていきましょう。

➂首のしわ対策には枕の高さがカギ

しつこく言いますが、自分に合った枕選びって本当に大事なんです。

質の悪い睡眠は身体にも大きく影響してきます。

人生の3分の1は睡眠な訳ですから、質の良い睡眠をとる対策が健康な身体を作り上げるのです。

高い枕 ⇒ 顎が押されて首にしわが出来る

低い枕 ⇒ 血液が脳にたまり、その刺激で眠りが浅くなる

こういった欠点があるのに、まだ、合わない枕を使いますか?

デパートの寝具、枕店では、きちんと首と枕の数字を測って、あなただけのオリジナル枕を作ってくれますよ。

首のしわ対策としては、自分に合った寝方をすること。

自分に合った枕を使うことが必須です。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *