日焼け防止グッズに帽子や手袋、マスクは不要?食べる日焼け防止とは!

日焼け防止

今まさに紫外線注意報が発令中ですね!

楽しい夏がある代わりに、紫外線というお肌に天敵な季節です

ご自分なりに日焼け防止をされているかと思いますが、どんな日焼け防止策をしていますか?

日焼け止めクリームを塗るのは今や当たり前になってきていますが、日焼け止めクリームを塗っていても100%だとは言えません

プラスして日止め防止グッズを上手く取り入れることで、初めて日焼け防止対策が出来るんです

日焼け防止のグッズと言えば、帽子、手袋、マスク、ショール、カーディガン、日傘などがあります。

日焼け防止グッズはとても心強いアイテムです。

一昔に比べて帽子や手袋、マスクをする方の姿が多くなっていますよね。

スポンサーリンク

①%より生地に注目

日焼け防止グッズを購入する際、確認するのがUVカット率ですよね。

よくUV率95%。UV率98.5%と微妙に違う数字がありますが、それらに違いはあるのでしょうか?

違いはないようです。

もっと注目すべきなのは、日焼け防止の%よりも生地の厚さが重要なんです。

生地が二重になっている帽子や、裏側が銀色になっている日傘などは、日焼け防止対策とては、とても優秀なものになっています。

それでは値段で決めてしまってもいいのでしょうか?

②価格と効果

①の最後に述べたように、日焼け防止グッズは迷ったら、値段で決めてしまってもいいのでしょうか?

ズバリ、お答えします!

1.000円の日傘と10.000円の日傘。

やはり、1.000円より10.000円の日傘の方が、紫外線予防には効果的です

10.000円を勿体ないと思う方もいらっしゃると思いますが、安さだけにとらわれていると、シミ、そばかすがおなざりになり、後で余計にお金がかかります。

とは言え、何でも高い方がいいのかと言うとそうではありません。

手袋やショール、マスクなどは、直接肌に触れるものなので、手軽なお値段のものを購入して、簡単に洗濯できることを日焼け防止として優先にしていいと思います。

③日焼け防止グッズ

日焼け防止グッズ1:帽子

つばの大きい帽子や、顔全体をカバーしてくれる帽子、サンバイザーがあります。

髪も紫外線でパサついたり、ダメージを受けます

日焼け防止グッズ2:アームカバー・手袋

日焼け止めを塗り忘れがちの二の腕にをカバーします。

日焼け防止グッズ3:ネックカバー

首回りも日焼けからしっかり守りたい時の必需品。

スポーツやアウトドアなど、絶対焼けたくない時にどうぞ。

日焼け防止グッズ4:サングラス

目からも紫外線が入ってきます。
眼球のダメージ、目元のケアにサングラスも必要です。

日焼け防止グッズ5:ブレスレット

紫外線の度合いで色が変わるUVチェッカーです。
紫外線の強さを知らせてくれます

最近では、日焼け防止のグッズがたくさん出てきていて、機能も充実しています。

あの美肌で有名な君島十和子さんは、日焼け防止のために、帽子から、日傘から、手袋から、サングラスから、マスクか重装備のようにされています。

ですが、帽子や手袋やマスクをしてさえも、紫外線は狙いを定めて来ます。

日焼け防止のグッズとして、帽子や手袋は分かりますが、マスクは却って、暑い時期にはしないですよね?

でも、何故、日焼け防止グッズとして、帽子や手袋と同じ扱いなのかと言いますと、マスクは蒸れたり、化粧が落ちが気になって夏場にはわざわざしないことが多いです。

ですが、肌が弱くて、日焼け止めクリームや化粧品を使えない人が、マスクをして日焼け防止に備えるんです

これだけ日焼け防止のグッズが出ていて、帽子や手袋やマスクなどを駆使して、夏と戦うしかありません。

帽子や手袋、マスクをすることも100%防止にななっていません。

ですが、帽子や手袋、マスクをしないことでの、紫外線のダメージはかなりひどいことになります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *