顔のたるみは改善は簡単?即効性の手段で40代の美魔女?

pretty-woman-635258_960_720

年齢と共に避けられない問題の一つに顔のたるみがあります。

太った訳じゃないのに、二重顎になっていたり、若い頃より頬の位置が下がっていたり、ショックなことが多いですね。

顔のたるみはそうそう簡単に改善されるわけではありませんが、今顔のたるみに即効性のある「あいうえお体操」というものがあるようですので、ご紹介していきたいと思います。

この「あいうえお」体操は、顔のたるみを予防する上でも、即効性を発揮してくれます。

40代になったら、もうたるみとはお友達になるしかないのですから、これ以上たるまないような改善策をとるしかありません。

その中の一つに「あいうえお」体操を取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

➀顔のたるみの原因

顔のたるみの原因をいくつか挙げてみますね。

まず、肌の弾力がなくなってきていること。

そして、肌の栄養成分である、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが加齢と共に減ってきていること。

その他、乾燥、紫外線からのダメージなどが挙げられます。

そんなイヤな顔のたるみですが、たるみにも種類があることをご存知でしょうか?

〇目の下の涙袋

ハリを失うことで目の下にできるたるみ

〇ゴルゴ線

目の下から頬をななめに通って現れるたるみ

目が疲れすぎていると出てきてしまう

〇たるみ毛穴

頬の位置が下がって毛穴が目立ってしまうことからたるみ毛穴と呼ばれている

顔の筋肉が衰えることでできる

〇ほうれい線

鼻の脇から唇の端に起こるシワによってできるたるみ

皮膚の弾力が衰えてできる

〇マリオネット

唇の端から顎にかけてのたるみ

〇二重顎

太って脂肪が顎の下に溜まって現れる

➁年代によって違う顔のたるみ

怖いことに顔のたるみって20代から始まっているのです。

それは、疲労からくるものもありますし、何より天敵なのがストレスによって肌が疲れて老化への道へ真っ逆さまに落ちて行ってしまうこともあります。

まず、20代からきちんとしたスキンケアを行うこと。

年々お肌は乾燥していき、潤いがなくなってきてしまいます。

ですから、20代のうちから保湿ケアには力を入れておいてほしいものです。

それと同時に、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

そして、たるみを避けて通れない40代ですが、40代になると体の内側、外側からお肌に変化が出てきて、肌トラブルを起こしやすくなります。

それは、ホルモンバランスの乱れや、皮膚のターンオーバーの乱れなどから起こるので、自分の力ではどうしようもないこともあります。

そんな方は、自分で出来る対処法を見つけていくことしかありません。

その中で、「あいうえお体操」をご紹介したいと思います。

➂顔のたるみを改善する即効性のある体操

たるみと首の緊張には深い関係性があります。

首に余計な緊張がかかると顔のラインが崩れます。

例えば、長い時間パソコンをしたとすると、首の位置がずれてきて、それがたるみとなってしまうのです。

先ほども触れましたが、お勧めなのがあいうえお体操です。

「あ」⇒ 目を大きく開いて口を縦に大きく開ける

「い」⇒ 口を横に広げ

「う」⇒ 口を縮める

「え」⇒ びっくりしたような表情で発音

「お」⇒ 口を縦に、目を大きく開くようにする

このあいうえお体操で表情筋を鍛えてたるみを改善したり、同時に新陳代謝を良くするのでお肌はとても効果的な体操ですね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *