目のクマはコンシーラー?おすすめの色で消えない不満ナシ!

女性のお化粧する時の悩みの一つに、目のクマがあるかと思います。

この目のクマが上手に隠せない!と、コンシーラーを使いつつも格闘してしまいます。

この目のクマ、一度出来るとなかなか消えないんですよね。

目のクマがあると老けた印象になるので、どうにかして隠したいのですが、それには、コンシーラーの色と使い方にポイントがあるようです。

コンシーラーの使い方ひとつで、消えない・・・と悪戦苦闘してきたことが、消えた!と喜びの声に変わります。

それには、コンシーラーも自分に合った色使いをしなければなりません。

コンシーラーで消えないと嘆いていた目のクマを隠して、今日から新しい自分になりませんか?

スポンサーリンク

➀目のクマを隠すためにやってしまうNGメイク

まずやってしまいがちなのが、コンシーラーの色が合っていないこと。

一般的に、

青クマに合うコンシーラーの色はオレンジ系の色

茶クマに合うコンシーラーの色はイエロー系の色

と言われてきました。

これでお解りかと思いますが、明るい色のコンシーラーがいいとされてきたのですが・・・。

実は本来の肌の色と違う色のコンシーラーの色をつけると、とても不自然で、逆に目のクマが目立ってしまうのです。

ですから、肌色と同じ色か、一段階暗い色のコンシーラーでカバーするのがベストです。

また、目のクマでも黒クマの時のコンシーラーの正しい使い方を知っておきましょう。

ズバリ!

黒クマはコンシーラーを塗っても消えないです!

消えないと知らずに、まだ消えない、まだ消えない、どんどんコンシーラーを厚塗りしてしまうのが、NGメイクなんです。

消えないからといって厚塗りすると、却って黒クマが目立ってしまいます。

➁目のクマを隠すテクニック-No.1-

その1.固形タイプのコンシーラー

目のクマを隠すのにリキッドタイプのコンシーラーを使って目のクマを隠しがちですが、実は固形タイプのコンシーラーの方が目のクマにはお勧めです。

固形タイプのコンシーラーは、少量でも目のクマのカバー力が高いんです

ですから、目のクマを隠すのに、厚塗りにならないで、自然な仕上がりで好印象を持たれるはずです。

リキッドタイプのコンシーラーは崩れやすくなってるので、メイク直しの回数も増えて却って厚塗りになる訳ですね。

その2.コンシーラーの量

目のクマを隠したい、いくら塗っても消えない、と厚塗りしがちなのは、とても気持ちが分かります。

ですが、少量のコンシーラーで目のクマは全然OKなんです。

少量のコンシーラーですとメイク直しでも簡単に出来ます。

たくさんの量を使うことで、時間と共にメイク崩れが起こりやすく、そうすると目のクマの部分が浮き上がってきてしまって、見た目はちょっと・・・という顔になってしまいます。

➂目のクマを隠すテクニック-No.2-

目のクマがどうしても気になる、目のクマが消えない、という方に、コンシーラーを使わない、意外な方法をご紹介します。

それが、ポイントメイク誘導テクニックというメイク方法です。

例えば、アイラインをしっかり入れる。

ふんわりチーク。

リップを明るい色にする。

など、目のクマ以外のパーツに視線が集まるように誘導するメイクテクニックなんです。

ただ、これも全部やり過ぎると派手になってしまうので、目、口、頬のどれか一つの部分に留めましょう。

今流行りの頬から目の下を中心的に入れるチークなども効果的です。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *