髪の乾燥は簡単ケア!4対策とシャンプーのやり方は?

髪の乾燥でお悩みではありませんか?

髪の乾燥なんて冬だけだと思っていませんか?

実は夏もエアコンを使うことで、髪が乾燥してしまうんですよ。

そんな時のケアや対策が知りたいですよね。

の乾燥をケアするのには、髪の毛の扱い方が多いに関係してきます。

もちろん、シャンプーでのケア対策が必須になります。

どんなシャンプーが髪の乾燥予防対策になるのか?

それ以外にも、自分で出来る乾燥ケアや乾燥対策を知っていきましょう。

髪が乾燥する原因も教えちゃいますので、そこから髪の乾燥ケアや対策を考えていきましょう。

【スポンサーリンク】

➀髪が乾燥する原因

髪の乾燥によって、過剰に分泌された頭皮の皮脂が毛穴につまると、フケ、抜け毛、痒みの原因になります。

髪の乾燥を防ぐこと = 髪の様々なトラブルを改善すること

という図式になります。

以下に、髪の乾燥の主な原因を挙げます。

  1. 髪や頭皮に合わないシャンプーを使っている
  2. シャンプーのしすぎ
  3. 高温でのシャワー
  4. ブラッシングのやりすぎ
  5. 生活習慣の乱れ
  6. UVケア不足

髪や頭皮デリケートゾーンです。

上に挙げましたように、乾燥の原因も様々です。

髪の毛を乾燥から守り、ケアしていくには、どんな対策があるのでしょうか?

➁髪の乾燥をケア対策-No.1-

これからの季節、紫外線でのダメージも髪の乾燥に繋がりますので、きちんとしたケアや対策方法が知りたいですよね。

対策1:シャンプーでのケア

シャンプーはなるべく泡立ててから浸透させていきましょう。

シャンプーを泡立てる時に、髪同士が擦れてキューティクルがめくれないように、シャンプーする時は、手でシャンプーの泡をモコモコになるまで泡立てて、摩擦が起こらないようにケア対策していきましょう。

シャンプーの量はワンピュッが適量です。

多く使えばより汚れが落ちるというのは、間違った知識です。

シャンプーをする前に、シャワーで予洗いをします。

髪に汚れが多いと、シャンプーが泡立ちにくくなります。

シャワーでしっかりと洗い流すだけでも、シャンプー前にある程度の汚れは落ちます。

対策2:タオルドライでケア

髪を自然乾燥させると、キューティクルがはがれやすい状態が続くので、髪の乾燥に繋がります。

水分を多く含んだ髪を、いきなりドライヤーで乾かそうとすると、ずっと髪に熱風を当てる訳ですから、これも髪の乾燥に繋がります。

そのケア対策としては、ドライヤーの前に、タオルでよく髪の水分をとっておくことです。

➂髪の乾燥ケア対策-No.2-

髪の乾燥ケア対策には、シャンプーのやり方や、タオルドライをすることがいいと申してきました。

その他のケアや対策はどうなんでしょうか?

対策3:ドライヤーでケア

タオルドライである程度水分を吸収した髪を、ドライヤーで乾かしていく時の正しいケア対策について話していきます。

髪の乾燥を防ぐためには、出来るだけドライヤーは短時間で済ませることです。

頭皮や髪の根元からドライヤーを当てていき、最後に毛先、という流れが理想です。

対策4:食生活の見直しでケア

偏食や無理なダイエットなどで、栄養バランスが悪い食生活を続けると、髪にも栄養が行き渡らなくなります。

それがまた、髪の乾燥の影響を受けやすくなっています。

同時に、冷えやストレスも血行を悪くして、髪に影響を与えます。

食生活からケアし、冷えやストレス対策も行うことが大事です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *