ヘアカラーを長持ちさせる方法!シャンプーの使い方が問題?

ヘアカラー

日本人の黒髪は日本人にはあまり受けが良くないのか、ヘアカラーしている人が多いですよね。

外国人から見ると、黒髪は圧倒的に好まれますが、黒髪は見た目が重たいと、明るい色にヘアカラーしてしまうのも頷けます。

ヘアカラーをしたらなるべく長持ちさせたいですよね。

上だけプリン状態になると、見た目が悪いですからね。

ここでは、ヘアカラーを長持ちさせる方法を伝授します。

ヘアカラーを長持ちさせるには、シャンプーにもこだわりたいですね。

ヘアカラーを長持ちさせる方法と、シャンプーの選び方についての始まりです。

スポンサーリンク

➀ヘアカラーを長持ちさせる方法-part1-

ヘアカラーは美容院でやってもらった後にも、色が定着するまで2~3日かかります。

全部定着するのには1週間はかかるんです。

ですから、ヘアカラー後の1週間は退色しやすい状態になっているんです。

それを踏まえて、ヘアカラーを長持ちさせる方法を見て行きましょう。

長持ちさせる方法1:ヘアカラーした日はシャンプーをしない

ヘアカラーは美容院で完了していません。

ヘアカラーした当日は薬剤が髪の毛に浸透していないので、その日の夜にシャンプーしてしまうと、薬剤も流れてしまいます。

ヘアカラーした当日は髪の毛自体を濡らさないようにしましょう。

長持ちさせる方法2:38℃くらいのぬるま湯をで洗う

ヘアカラーは熱に弱くなっています。

ですから、体温に近い38℃くらいのぬるま湯で洗うことで、ヘアカラーが長持ちします。

長持ちさせる方法3:カラートリートメントを使う

カラートリートメントとはヘアマニュキアのことです。

白髪染めに使われることが多いのですが、ヘアカラーを長持ちさせるために使用するのをお勧めします。

ヘアカラーを頻繁に繰り返すよりも、髪が傷まず、コスパも良いですよ。

➁ヘアカラーを長持ちさせる方法-part2-

長持ちさせる方法4:ドライヤーの熱に注意

ドライヤーは髪を傷めるイメージがありますが、ドライヤーを使って乾かした方が髪にはいいんです。

ただ、熱をかけ過ぎないようにしないといけません。

ヘアカラーを長持ちさせるためのポイントは、

  • ドライヤーをする前にしっかりタオルドライしておくこと
  • 髪の根元に風がいくように意識して、上から乾かしていく
  • 毛先は最後に乾かすこと

といった、ケアが必要になります。

長持ちさせる方法5:洗い流さないトリートメントの活用

キューティクルを閉じ込めて、髪の保湿力を高めるためにも、洗い流さないトリートメントも活用しましょう。

外からのダメージから髪を守ってくれる役目もあるんですよ。

濡れた髪用、乾いた髪用の両方に対応できるトリートメントがお勧めです。

長持ちさせる方法6:紫外線を浴びない

肌には日焼け止めを塗っているのに、髪の日焼け止めはしていない方、多いのではないですか?

髪の毛も紫外線を浴びれば、当然、ダメージを受けて老化していき、ヘアカラーも抜けやすくなります。

➂ヘアカラーを長持ちさせるシャンプーとは?

ヘアカラーを長持ちさせるためには、ヘアカラー専用のシャンプーに切り替えることをお勧めします。

市販されている普通のシャンプーでもいいのですが、普通のシャンプーは洗浄力が強すぎて、退色しやすくなります。

市販のシャンプーを選ぶ時に気を付けて欲しいのは、

  • アミノ酸系のシャンプーを選ぶこと
  • ラウレル硫酸、硫酸、オレフィン-スルホン酸が入っているのは、髪の色を落としてしまう成分なので、避けた方がいい

ですが、一番、いいのは美容院で販売されている、ヘアカラー専用シャンプーを使うことです。

シャンプーって相性が悪いと余計髪を傷めてしまいがちです。

ヘアカラーをした自分の髪に合ったシャンプーを選ぶ方法としては、やはり成分の情報を自分で調べることも大事です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *