石鹸洗髪の効果は?シャンプーと違う!リンスも使用すべき?

石鹸

石鹸と言えば、手を洗う時に使うものですが、洗髪に使うという新しい発想が生まれています。

石鹸洗髪とはまだ、あまりメジャーではないようですが、知る人ぞ知る髪の毛にいい役目をしてくれる石鹸です。

まだまだ知らない方のために、今回は洗髪石鹸の基本的情報から、洗髪石鹸の効果についてまでお話ししていきます。

まだ未知数の洗髪石鹸には、どんな嬉しい効果があるのでしょうか?

洗髪石鹸とはつまり石鹸シャンプーということですから、同時に考えられるのはリンスですよね?

洗髪石鹸と相性のいいリンスについてもお話ししていきます。

【スポンサーリンク】

➀洗髪石鹸とはどういうもの?

洗髪石鹸は、シャンプーが石鹸タイプになったのではなく、普通の洗顔用や身体を洗う時に使う石鹸そのものを、洗髪に使うというもので、もちろん市販でも売っている石鹸です。

この洗髪石鹸が他のシャンプーと違うのは、石鹸は界面活性剤の一つで、アルカリ反応させて作られたものだということです。

洗髪石鹸には2種類あります。

・固形石鹸、粉石鹸タイプの「ソーダ石鹸」

・液体タイプの「カリ石鹸」

作り方によって、大量生産出来るのもありますし、数は多くないけれど、その分、とことん肌に優しい石鹸が出来るなど、違いはあります。

つまり、洗髪石鹸とは、石鹸成分だけで作られた洗髪用の石鹸です。

➁洗髪石鹸の効果

石鹸は洗浄成分に、天然素材の界面活性剤が多く使われています。

ですから頭皮や肌に優しいのに、洗浄力は高いというのが最大のメリット効果。

また、天然素材ということから、安心安全性も魅力的ですよね。

洗髪石鹸を使用すると、毛穴汚れまでキレイにしてくれますので、洗い上がりがスッキリする効果があります。

使い続けていくうちに、痒みや臭いが気にならなくなる効果もあります。

それらの効果から、特に脂性の頭皮人にはお勧めな洗髪石鹸です。

また、頭皮が清潔になっていると、石鹸の主成分である脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが、元から持っている自然治癒力に働きかけてくれるので、頭皮にハリが出て、髪質にツヤが出て、とても頭皮や髪の調子が良くなる効果があります。

このように、頭皮環境が良くなることで、元気で丈夫な髪が育ち、抜け毛防止効果も認められています。

➂洗髪石鹸のあとにリンスをする意味

洗髪石鹸を使うと、髪はアルカリ性に傾きます。

髪はもともと弱酸性ですから、専用のリンスを使って、酸性に戻してあげることが必要です。

アルカリ性のまま放置する = キューティクルが開いたまま

これは、とても良くない状態です。

キューティルクが開いたままですと、髪はキシキシ、ゴワゴワ、ときしみが出てしまいます。

ですから、酸性のリンスを使うことで、中和してあげるのが一番髪にはいいのです。

クエン酸リンスでしたら、簡単に作れますよ。

ボトルにクエン酸 1 : 水 10 の割合で混ぜるだけで、クエン酸リンスの完成。

このリンスを洗面器に2~3プッシュ出して使います。

洗面器の中のリンスに、髪を浸すワケです。

その際、シャンプーブラシで髪の毛をとかすと、指通りが良くなります。

洗髪石鹸に馴染みの無かった人でも、一回、その効果を試してみてはいかがでしょうか?

同時にクエン酸リンスを使うことで、髪が元気になりますよ。

効果の出方はそれぞれかと思いますが、洗髪石鹸を使い続けることで、髪が丈夫になる効果を実感していただけると思います。

洗髪石鹸の効果はリンス込みでの効果となりますので、シャンプーだけで終わらせないようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *