豆乳ダイエットの効果はある?生理前で数倍らしい?

scale-403585_960_720

ダイエットを経験した人ならお分かりかと思いますが、ダイエットは続けなければ意味がないですよね。

そういった点をクリアしたのが豆乳ダイエットなんです。

だって、一日1回飲むだけでいいんですから!

ここでは効果的な豆乳ダイエットの方法をご紹介します。

今まで、様々なダイエットジプシーをしてきた方も、この豆乳ダイエットなら最後のダイエットになる可能性も大ですよ。

ただ、皆さん、生理前のダイエット効果にイマイチ納得できずにいませんか?

どうして、生理前はダイエットの効果が出ないのか?

その辺りもご紹介していきたいと思います。

今日から始められる豆乳ダイエットのページをめくりましょう。

【スポンサーリンク】

➀豆乳ダイエットのやり方

大豆の食物繊維はだいたいがおからに残ってしまいます。

ですが、他の成分はそのまま豆乳に残ります。

それを利用して豆乳ダイエットに繋がるのですが、そのやり方は簡単です。

コップ1杯を1日1回か2回、食事の前に飲むことで、食事の量を減らすやり方です。

食べないダイエットはナンセンスです。

食べないダイエットで失敗してきた方も多いかと思います。

豆乳ダイエットは食べないダイエットではなく、3食きちんと食事を摂ることを大事にしています。

一番のお勧めは夕食前の30分~1時間前に豆乳をコップ1杯(200ml)飲んで、夕飯の量を減らすというやり方です。

豆乳で満腹感を得るので、自然と食事量が減るというからくりです。

➁豆乳ダイエットの効果とは?

〇食欲を抑える

豆乳に含まれる大豆サポニンが腸内で栄養を吸収する絨毛に収縮させることで、食事の吸収の速さを緩くさせます。

そうすることで満腹感を得て、余分に食べることを防ぎます。

〇新陳代謝を高める

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが新陳代謝を高めます。

新陳代謝が高まると消費エネルギーをUPさせて痩せやすい体質に改善することが出来るのです。

〇コレステロールを下げる

豆乳に含まれる必須脂肪酸と呼ばれるリノール酸、リノレン酸による効果が期待できます。

悪玉コレステロールが血液中に増えると深刻な病気になってしまう恐れがありますが、コレステロールを下げることでその予防になります。

〇脂肪の吸収を抑える

豆乳に含まれる大豆サポニンが腸内にある繊毛、腸繊毛を収縮させます。

腸繊毛は食事の際に面積を広げてくれるので、栄養を吸収しやすくなる訳です。

その反面脂肪の吸収を抑える働きがあります。

➂生理前の豆乳ダイエット

生理前になると頑張ってダイエットしても結果が伴わないことありませんか?

逆に、いつもより食欲が出て、便秘気味にもなって、お腹も張ってきて、仕舞には体重が増えていることも・・・。

生理前のダイエットは無意味なんですね。

生理前になると卵巣から分泌される黄体ホルモンの分泌量が増えます。

そうすると、生理による出血で失われる栄養を補おうとするため、栄養を貯める動きが起こるのです。

これは自然の摂理

どうやっても変えることは出来ません。

ですから、生理前に無理にダイエットをしても効果は出ません。

その分、生理が終わってからに期待をかけていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *