パーマを長持ちさせる方法!シャンプーとドライヤー次第かも?

パーマ

パーマをかけたら長持ちさせたいですよね。

パーマは自分を変えてくれる、最強な武器です。

一回かけたら、なるべく長持ちさせるような手入れが必要になります。

それは、シャンプーであったり、ドライヤーの乾かし方だったり、自分でケアすることが出来ます。

どんなタイプのシャンプーがいいのか?

どういう風にドライヤーは使えばいいのか?

そんな素朴な疑問にお答えします。

パーマは実に色んなトラブルを抱えがちですから、パーマを長持ちさせるためには、シャンプーの選び方、ドライヤーの乾かし方がポイントになってきます。

スポンサーリンク

➀パーマがとれてしまう原因

パーマを長持ちさせるには、まず、パーマがとれてしまう原因から探りましょう。

そこにパーマを長持ちさせるヒントが隠されているかもしれません。

髪に負担がかかっている

パーマをした髪の毛はパーマ液によって、負担がかかった状態です。

そこに更に摩擦や乾燥がかかることで、髪の毛は傷みやすくなり、パーマが長持ちしない原因になってしまいます。

髪の毛のお手入れ

パーマは髪を整える時間を短縮してくれるので、髪のお手入れにそれほど時間がかからなくなります。

ですが、それによってお手入れ自体をサボってはいけません。

髪質

細い髪の毛や剛毛の方は、パーマがかかりにくかったり、かけても長持ちしないで、すぐ取れてしまいやすいと言われています。

➁パーマを長持ちさせる方法-その1-

原因が分かったところで、パーマを長持ちさせる方法をご紹介していきます。

どんな方法でパーマを長持ちさせられるのでしょうか。

当日のシャンプーは控える

パーマを長持ちさせるためには、パーマをかけた当日のシャンプーは控えるようにしましょう。

基本的にパーマは、濡らした髪の毛にロッド巻き、1液で髪を柔らかくして、2液でカールを固定する、といった仕組みになっています。

美容院を出る段階では、まだ2液が髪の毛に定着していません

2液がある程度定着するには平均で24時間かかると言われています。

ですから、パーマを長持ちさせるためには、当日のシャンプーは控えましょう。

シャンプーの種類

パーマをかけた後の髪の毛には、弱酸性またはアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

本来、弱酸性である髪の毛は、パーマによってアルカリ性に傾きます。

アルカリ性に傾くと、髪の毛は摩擦などによって傷みやすくなっています。

そこで、弱酸性のシャンプーを使うことで、髪の毛を弱酸性に近付けることです。

アミノ酸系のシャンプーですと、汚れを綺麗に洗い流すものが多いので、パーマによって負担がかかっている髪の毛には、相性がいいとされています。

➂パーマを長持ちさせる方法-その2-

パーマを長持ちさせるには、シャンプーの選び方も重要になりますね。

他にはどんな長持ち方法があるのでしょうか。

洗い流さないトリートメント

パーマを長持ちさせるには、乾燥を防ぎ、髪の潤いを保つことです。

そんな時には、洗い流さないトリートメントをお手入れの一つとして加えましょう。

ドライヤーで髪の毛を乾かす時に、洗い流さないトリートメントをつけると、ドライヤーの熱から髪の毛を守る役割をしてくれます。

ドライヤーの使い方

パーマの乾かし方は、パーマの種類にもよって違ってきます。

自然なカールを崩さないように、もみ込むようにドライヤーで乾かすといいですよ。

ドライヤーは下から当てて、髪を持ち上げるように乾かします。

ポイントは、ドライヤーは根元中心に乾かして、風は下から当てます

パーマを長持ちさせるには、シャンプーの種類やドライヤーの使い方が重要なことがお解りいただけましたでしょうか?

パーマをかけて手入れが楽になると思ったら大間違い。

パーマこそ、シャンプーやドライヤーに注意して、お手入れしなければなりません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *