プチうつ病の治し方|具体的な症状・病院へ行くケースは?

プチうつ病

プチうつ病とは、心の風邪とも呼ばれ、誰もがプチうつ病にかかる可能性を秘めています。

プチうつ病にかかったら、どんな治し方が的確なのでしょうか?

プチうつ病は非常にデリケートな病気ですから、その治し方ひとつとっても、ちょっとした刺激でもっとひどくなる場合もあるんです。

プチうつ病はなかなか気付かないケースが多いです。

どんな症状が出たらプチうつ病なのか?それを簡単に症状をまとめました。

プチうつ病にかかったら、遠慮せずに病院へ行くことをお勧めします。

自分で治すには難しい病気ですし、病院へ行って自分の症状に合ったお薬を処方してもらうのは、全然恥ずかしいことでありません。

【スポンサーリンク】

➀プチうつ病の原因

プチうつ病になってしまう主な原因は、日々のストレスと疲労です。

脳内のセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の分泌量が低下することで、プチうつ病にかかってしまいます。

適度なリラックスタイムを取って行かないと、脳が不調を訴え続けてしまいます。

プチうつ病は「非定型うつ」とも呼ばれ、特に若い女性に多く見られ、気分の差と認識されることが多く、通常のうつ病より治りにくいのが特徴的です。

いわゆるうつ病は、ほぼ毎日うつ状態が続くのに対して、プチうつ病は、夜に症状が出やすくなっています

プチうつ病はプチがついているから軽いうつなのか?

と言ったらそうではなく、うつの時間が短いことでプチうつ病と呼ばれています。

➁プチうつ病の症状

症状1:気分の浮き沈みが激しい

プチうつ病は気分が高揚している時は楽しめるが、イヤなことに対してはヤル気が出ません。

プチうつ病は人の言葉に過剰に反応してしまい、ちょっとしたことでも落ち込みやすいのが症状の一つとしてあります。

症状2:過食

プチうつ病にかかると、イライラして、甘い物をが欲しくなります。

つい食べ過ぎで太る傾向にありますので、太ってしまったことに更に落ち込むといった悪循環が起こります

症状3:過眠

プチうつ病はどんなに寝ても寝ても寝足りず、過眠傾向が見られます。

一日10時間以上睡眠をとっても、まだ眠気が続くといった状態です。

症状4:心身症

プチうつ病になると、体にも異変が起こります。

症状としては、耳鳴り、だるさ、頭痛などです。

➂プチうつ病の治し方

プチうつ病の症状が出たら、どうやって治す治し方がいいのか?

を考える時に、一番確実な治し方としては、やはり病院へ行くことです。

精神科でも、心療内科でも、専門の病院にかかって、場合によっては病院でカウンセリングを受けて、病院でお薬を処方してもらう治し方が一番確実な治し方です。

自分の力で治す治し方は絶対ではありません。

ですが、プチうつ病にかかって、病院にもかかったら、同時に自分でもプチうつ病を軽減する治し方がありますので、ご紹介します。

まず、早寝早起きで規則正しい生活をします。

そして、一日一回は太陽の光に当たりましょう

太陽の光は幸せ物質「セロトニン」を作り出す大切な要素です。

それには、軽い運動も、プチうつ病を治す治し方には向いています。

ウォーキングやストレッチなどで「セロトニン」を活性化する働きもあるんです。

プチうつ病にかかり、病院へ行くことを躊躇う人が多いですが、まず、自分で何とかしようとする治し方では、はっきりいってプチうつ病は治りません

病院へ行くのに抵抗があるかもしれませんが、病院の先生は一番の理解者となってくれます。

病院のカウンセリングの先生にも心を開けることでしょう。

プチうつ病には理解者がいてくれることが、一番心強いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *