【夜中に咳が止まらない女性】原因と簡単な止め方4つは?

夜中に咳が止まらない現象が起こったこと、誰にでも経験あるのではないですか?

よりによって、夜中なんですよね。

夜中に咳が止まらない原因について調べてみました。

その原因には、昼間の咳とは違う夜中独特の咳が止まらない原因がありました。

もちろん、夜中の咳が止まらない場合の、咳の止め方も伝授します。

咳の止め方にはいくつかあるのですが、夜中の咳が止まらない原因と止め方は、密接な関係がありました

夜中の咳で苦しんでいる方に、是非、試していただきたいです。

スポンサーリンク

➀夜中に咳が止まらない原因

夜中に咳が止まらない原因の一つに、ウィルスや細菌、ほこりを体外に出そうとする、体の防衛反応が原因で、夜中の咳が止まらないことがあります。

昼間は咳を止めることが出来るのに、夜中の咳が止まらない原因には理由がありました。

それには、自律神経が大きく関わっています。

自律神経には、興奮状態の交感神経と、休息とリラックスの副交感神経があります。

実は、副交感神経が働くと、気管と気道が狭くなるんです。

副交感神経は夜に活動しますので、夜中に気管や気道が狭くなると過敏になり、体の防衛反応も活発になるんです。

そこで、ウィルスや細菌、ほこりを外へ出そうと咳が出てしまうのですが、気管や気道が狭いことには、咳は思うように排出することが出来ません。

そのことが原因で、夜中に咳が止まらないということが起こってしまうのです。

➁夜中の咳の止め方-No.1-

止め方1:水分とマスク

夜中の咳が止まらない原因は➀のような原因の他にも、単に風邪を引いている、といった原因や、喉の水分が不足している、といった原因も考えられます。

一度、夜中に咳をし始めると、なかなか止まらないですよね。

それは、勢いよく息を吸うことで、更に乾燥した空気が喉に入り込んでしまい、また咳が止まらないという悪循環が起こっているのです。

夜中の時間帯に咳が止まらない時は、水分を摂りましょう。

その際は、温かい飲み物を飲むようにします。

何故かと言いますと、体温より冷たい飲み物が気道を通ると、気管が刺激されて、更に咳が止まらなくなってしまうからです。

そして、喉の水分を逃がさないように、マスクをしましょう。

止め方2:横向きになって寝る

夜中の咳が止まらない時は、肺や気管が圧迫されることによって、引き起こされる可能性があります。

夜中の咳が止まらない時って、気が付けば仰向けに寝ていませんか?

内臓というのは、立っている時と寝ている時で、重力がかかる向きが異なります

気管や肺を圧迫しないという意味でも、夜中の咳が止まらない時は、体を横向きにしてみて下さい。

➂夜中の咳の止め方-No.2-

止め方3:部屋の湿度を上げる

加湿器があれば加湿器で気道を潤す止め方がありますが、加湿器がない場合の咳の止め方をご紹介します。

・濡らしたタオルを絞り、部屋の高いところにつるす

・コップや洗面器に水を張って、枕元に置く

この2つの方法は、特に、乾燥する冬にお勧めです。

止め方4:咳を止めるツボ

夜中の咳が止まらない場合の止め方をご紹介してきましたが、困った時のツボ頼りで、咳を止めるツボもご紹介しておきます。

鎖骨の間と喉仏の下に交差しているへこんだ部分天突(てんとつ)というツボがあります。

このツボを刺激すると、気道が緩んで、夜中の咳を止める効果があります。

押す時のコツは、鎖骨の裏側を触る感じで押すことです。

長押しはダメで、3秒くらいで一度離します。

ここまで、夜中の咳が止まらない時の原因と、止め方をご紹介してきました。

夜中に起こる不意の咳には困っていた人も多いかと思います。

是非、参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *