お腹が鳴る原因を止める時とは!空腹の場合はどうすべき?

お腹が鳴るタイミングが、しーんとした会議中だったり、静かにする映画館などだったりしたことありませんか?

あれって、恥ずかしいですよね?

そもそもお腹って何で鳴るのでしょうか?

空腹時にお腹が鳴るその原因を調べました。

原因が分かったところで、次にお腹が鳴るのを止める方法もご紹介します。

空腹時にお腹が鳴るのは、それだけ空腹だという証拠ですが、出来るなら鳴るのを避けたいですよね。

原因、止める方法と合わせて、空腹時にお腹が鳴る時にNGな事柄も知っておくといいですね。

いずれにせよ、この空腹時にお腹が鳴るのは至って当たり前の現象です。

【スポンサーリンク】

➀空腹時にお腹が鳴ってしまう原因

空腹時にお腹が鳴るのは、体の中でこんなことが起こっているのです。

人間の体は空腹になると、血中の糖濃度が下がります

その時脳は「お腹が空いた!」と感じるのです。

そこで、脳は胃に伝達して、何か食べ物を入れる準備をするように言います。

胃は指示通り、収縮運動を行って、胃の中を空っぽにするようにせっせと動きます。

この時です。

この時、胃の中の空気も一緒に行動しますので、胃の狭い出口で空気が圧縮されて、お腹が鳴るという現象が起こります。

つまり、空腹時にお腹が鳴る原因は、「空気」なんですね。

空腹時にお腹が鳴るメカニズムを知ると、空腹時にお腹が鳴ることは、至って自然なことだということが分かりましたね。

➁空腹でお腹が鳴る時にしてはいけない3つ

その1:水分をとる

空腹を紛らわそうと、水分をたくさんとってしまうのは、のちのちお腹が鳴る原因となります。

また、水分を多くとることで、お腹が鳴る音が大きくなることも分かっています。

その2:炭酸飲料水を飲む

炭酸飲料水は満腹感がありますが、それは一時しのぎです。

お腹の鳴る原因が空気ですので、炭酸飲料水を飲むとお腹が鳴る原因になります。

炭酸飲料水を飲むと、ご存知の通りゲップが出ますよね。

それと似たような働きがあるという訳です。

その3:早食い

早食いをすることで、胃に空気がたくさん入ってしまうので、お腹が鳴る原因になってしまいます。

空腹時にお腹が鳴るのを止める3つの方法

その1:甘い食べ物、飲み物で止める

飴やチョコレート、ジュースなどの糖分を取ると、血糖値が上がるので、ある程度、お腹が鳴るのを止めることが出来ます。

常に持ち歩いておくと、大事なシーンの前にちょっと一口チョコなどを食べると安心かもしれません。

その2:姿勢を正してお腹に力を入れて止める

普段から姿勢がいい人はどれくらいいますか?

ついつい猫背になっていませんか?

猫背になると、胃の中の空気が更に圧迫されて、お腹の音が鳴る原因になってしまいます。

なるべく背筋をピンと正し、お腹に力を入れて、お腹が鳴るのを止めることを意識しましょう。

その3:三食きちんと食べることで止める

胃が最も空腹を感じるのは、夜から朝にかけての、一日の中で一番長い時間です。

ですから、朝食を抜くことは、出来れば避けたいことです。

腹持ちの良い食事を、3食きちんと食べることで、空腹時にお腹が鳴るのを止めることが出来ますよ。

空腹時にお腹が鳴る原因は空気だとお話ししてきました。

その原因を知ると、お腹が鳴るのは自然なことですよね。

ですが、大事なシーンで恥かしい思いはしたくないですから、止める方法も合わせてご紹介しました。

止める方法でご紹介したきたことは、簡単に実践できると思いますので、是非、参考にして下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *