ハイボールの美味しい作り方?種類別にカロリー度数は要注意!

ハイボール

実は今ハイボールダイエットなるものが流行っているんだそう。

その正体とは、ウイスキーとソーダのカクテルなんです。

ここでは、ハイボールの美味しい作り方にも触れています。

レモン、ライムなどを入れる作り方などもありますが、今回は基本のハイボールの作り方のご紹介です。

何故、ハイボールがダイエットにいいと言われているのか?

それは、糖質ゼロでプリン体を含まないので、カロリーが低いからなんです。

お酒の種類一つ一つでカロリーも違いますし、アルコール度数も違いますよね。

ハイボールにも種類がありますが、今回は基本的な作り方と度数についてまとめました。

スポンサーリンク

➀美味しいハイボールの作り方

ハイボール作り方➀グラスに氷

氷はなるべくお店で買ったもの

ハイボール作り方➁ウイスキーを注ぐ

30mlが標準

ハイボール作り方➂しっかりかき混ぜる

ソーダを注ぐ前にマドラーや細いスプーンで混ぜることがポイント

十分に冷やす

ハイボール作り方➃ソーダを注ぐ

氷に当てずにそっと注ぐ

ソーダの量はウイスキーの3倍~4倍が一般的

ハイボール作り方➄そっとかき混ぜる

半回転から1回転程度

ただ、ウイスキーとソーダを混ぜるだけではダメなんですね。

かき混ぜ方の度合いで美味しさが変わってくるようです。

またハイボールの種類も一つだけでなく、何で割るかによって、種類も豊富です。

一般的な種類は角ハイボールですが、その他、クロンダイク・ハイボール、ブルドック・ハイボール、ミントク・クーラー、コークハイボールなど色々な種類が楽しめます。

季節や気分によって、ハイボールの種類を変えてみるといいかもしれませんね。

➁ハイボールでダイエットを成功させるコツとは?

いくらカロリーが低いからといって量を飲んでしまうのは逆効果です。

ハイボールを飲む時は、水と交互に飲むようにすることがダイエットのコツです。

たいがい、飲みに行った次の日って体重が増えていませんか?

それって、多分、お酒のカロリーと言うよりも、お酒と一緒に食べるおつまみが原因ではないでしょうか?

唐揚げやフライドポテト、果てはお刺身など高カロリーのおつまみは確かにお酒に合いますし、美味しいです。

が、そこを一歩引いて、枝豆、冷奴などの低カロリーのおつまみに変えてみませんか?

意外にもおでんの具、こんにゃく、大根、卵などは低カロリーなんですよ。

折角のハイボールでダイエット効果があると聞いても、おつまみのカロリーが高いと台無しです。

これからは、カロリーにも気持ちが行くように、ハイボールを楽しみましょう。

➂ハイボールとビールの度数比較

ウイスキーのアルコール度数は40度です。

そしてソーダと割ることで4~5倍薄まる訳ですから、実際の度数は10%弱

一方ビールの度数はは銘柄によって多少度数は違いますが、だいたいが度数5%です。

こうしてただ比べてみるとビールよりハイボールの方がアルコール度数が高いですよね

これってどうなの?

いえいえ、まず、ハイボールとビールの量を比べてみて下さい。

ビールはジョッキ。

ハイボールはグラスです。

結果、ハイボールの方が度数は低くなるのです。

女性でもハイボールを飲む人が増えています。

ハイボールはカロリーが低いこと、度数が低いこと、そして種類が豊富なこと、などから選ばれています。

ハイボールの作り方にも様々あり、今回は基本的な作り方をご紹介しましたが、

ハイボールは割る飲み物の種類も豊富ですが、作り方一つ、

例えば、かき混ぜる回数が1回と、2回とでは、全然味が違うんです。

様々な種類の飲み方が楽しめて、低カロリー、低度数で、ダイエットの役割もあるなんて、ハイボールが好まれる理由が分かりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *