不眠症の原因はストレスやスマホが多数!対策に薬なんて不要?

皆さんにも眠れない夜がありますよね?

それが何日も続くと、それは立派な不眠症です。

現代社会が生んだ不眠症。

不眠症の原因を追究してみたいと思います。

不眠症の原因は様々ですが、中でも大変なのはストレスが原因の不眠症

そして、今や社会問題もになるスマホが原因の不眠症。

これについてクローズアップしてみます。

ストレスもスマホも精神的には宜しくないですよね。

不眠症の原因が分かったところで、それに見合った対策をして行かなければなりません。

不眠症で悩む多くの方にも、不眠症の対策を公開していきます。

ストレスが原因であっても、スマホが原因であっても、必ず対策はありますよ!

スポンサーリンク

➀不眠症の原因-ストレス編-

不眠症のほとんどの原因は、ストレスだと言われています。

ストレスと言っても、小さいことから大きいことまで、幅広いですが、小さくても大きくてもストレスはストレスですよね?

・既読なのに返信が来ない

・明日の会議で上手く話せるかな

・もう寝ないと明日起きられない・・・でも、眠れない・・・

・何か暑いな

・ムズムズする

・布団がしっくりこない

こんな原因も、もちろん立派なストレスです。

このちょっとしたストレスが原因で、不安、緊張が頭の中を占めているのです。

そうすると、神経が刺激されて、脳は覚醒している訳です。

イコール、眠れない・・・といった原因になるストレス。

特に大変なのは、「眠りたいのに、眠れない」というストレスです。

これは、完全に眠れないことが怖くなっている不眠症です。

眠れなかったという原因が、更に大きなストレスとなり、不眠症の症状はますますひどくなるのです。

➂で不眠症の対策に触れていきます。

➁不眠症の原因-スマホ編-

若い世代のもはや必需品となったスマホ。

分かってはいるとは思いますが、スマホが発するブルーライトは、睡眠には悪影響があります

20代~30代の方の中の7割が、寝る前にスマホを見ると言っています。

それ故、若い世代にも不眠症と疑われる症状が出てきています。

ブルーライトは人間の「概日リズム」に影響を与えます。

概日リズムとは、約24時間前後の周期を認識している生体リズムの一種。

つまり、体内時計のようなものです。

このスマホのブルーライトが原因で概日リズムが乱れると、不眠症の原因となります。

➂不眠症の対策

不眠症の対策1:スマホのブルーライト対策

スマホ用ブルーライトカットフィルムを貼るか、スマホ用ブルーライトカット眼鏡をかけて対策を。

そして、寝る1時間前からはスマホを見ないようにしましょう。

不眠症の対策2:就寝起床時間を一定にする対策

平日もお休みの日も、一定のサイクルを保ちましょう。

お昼寝も30~60分程度なら、逆に不眠症に効果的です。

不眠症の対策3:一日一回太陽の光を浴びる対策

太陽光は体内時計を調整してくれます。

光を浴びて14時間後に眠気がくるという、自然な眠りへ導ていてくれます。

不眠症の対策4:適度な運動をして対策

ウォーキングなど、軽く汗ばむ程度の運動を心掛けましょう。

不眠症の対策5:寝る前にリラックスする対策

アロマを焚いたり、リラクゼーションの音楽を聞いたりもトライしてみましょう。

不眠症の対策6:ストレス解消法を見つける対策

➀で不眠症の原因はストレスだと申しました。

自分に合った趣味を持つことや、一人でカラオケなどもストレス発散できますよ。

定期的に気分転換することは、とても必要なことです。

何かに集中して疲れれば、自然と夜は眠くなります。

不眠症の原因をストレスとスマホに絞って解説してきましたが、昔と違って、不眠症の人が増えていることは確かです。

薬に頼る人もいますが、その薬に慣れてしまうと、もっと強い作用のものを、とエスカレートしていきます。

不眠症の原因が分かれば、対策法も必ずあります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *