子供の教育費はいくら必要?貯金の目安と貯め方もご紹介!

子供

子供が産まれたら、いつかは直面する子供の教育費

大学まで行かせたいとなると、子供にはどれだけの教育費が必要で、どれだけの貯金を目安にすればいいのかが課題になります。

子供にはいい教育をさせたいと願う親は、教育費の目安を知って、教育費の貯め方を知ることが大事ですよね。

子供が独立するまでの教育費の目安。

それに伴う、子供の教育費の賢い貯金の貯め方について、調べてみました。

だいたいの目安が分かれば、それぞれのご家庭での教育費の貯め方で、貯金をしていきましょう。

スポンサーリンク

➀子供の教育費の目安と貯金する時期

子供が成長していく過程で、どの時期を目途に子供の教育費を貯金していけばいいのか、だいたいの目安を考えてみました。

貯金がなくて、子供が進学をあきらめた、などということはなるべく避けたいものです。

子供が産まれた時から、子供の将来を考えて、コツコツ貯金をしていくことは、後々とても大切な行為になります。

子供の教育費について、それぞれの家庭のタイプに分けて、貯金する金額の目安を記してみました。

子供を高校まで公立で、大学も行かせたい時の教育費の目安

目安額 ⇒ 子供1人につき300万~400万円

貯金する時期 ⇒ 中学卒業までを目途にする貯め方

子供を中学まで公立、高校は私立、大学まで行かせたい時の教育費の目安

目安額 ⇒ 子供1人につき500万円~700万円

貯金する時期 ⇒ 中学卒業までを目途にする貯め方

子供を中学から私立で、大学まで行かせたい時の教育費の目安

目安額 ⇒ 子供1人につき750万円

貯金する時期 ⇒ 小学校4年生までを目途にする貯め方

➁子供の教育費の賢い貯め方-その1-

定期預金、自動積立を利用

上手に貯金している人の多くが、先取り貯金という貯め方をしています。

お金があるだけ使ってしまう人には、お勧めな子供の教育費の貯め方です。

毎月一定額を積み立てて、ボーナス時に少し多めに積み立てている人が多いです。

先取り貯金は、定期預金、会社の財形貯蓄を利用すると簡単に引き出せないのでお勧めな子供の教育費の貯め方です。

児童手当には手を付けない

国からもらえる児童手当を、生活費に使っている家庭も多いかと思います。

ですが、貯金上手な家庭は、児童手当は丸ごと貯金しているところが多いです。

毎月の生活で子供の教育費の貯金に回せるお金がなくても、児童手当をはじめからないものと考えて、貯金していくだけで、結構な額が貯金出来ます。

➂子供の教育費の賢い貯め方-その2-

保険を利用して子供の教育費を貯金する

子供が産まれたら、学資保険を考える家庭も多いかと思います。

月々の保険料も長年払い続けていくと、かなりの額になります。

最近では、保険を利用して貯蓄するのも一つの子供の教育費の貯め方になってきています。

保険もかけつつ、貯金も出来るのは、有難い制度ですよね。

お金の出入りを把握して無駄遣いをなくす

  • なかなか貯金が出来ない!
  • 貯め方が分からない!

という家庭もあるかと思います。

最近ではアプリで家計簿をつけることが出来ますので、それらを利用して、無駄遣いをなくすことは言うまでもありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *