貧血になる女性は危険?原因と対策の食べ物まとめ!

貧血は女性に起こりやすいと言われています。

女性が貧血になる割合20~25%と言うのですから、

いかに女性に貧血が多いか分かりますよね。

女性が貧血を起こす原因は一体何なのでしょう?

その対策方法は食べ物で対策出来るようです。

貧血の原因を知って、食べ物で対策していく方法をご紹介します。

貧血が起こっても、すぐに症状が改善されがちなので、あまり気にしていない人もいるかと思います。

ですが、貧血を甘くみてはいけません

女性が貧血を起こす原因と対策を知ることで、予防にもなるかと思います。

自分なりの貧血対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

➀女性に貧血が多いその原因とは?

原因1:月経による出血

貧血は赤血球が不足することで、酸素が体内に上手く運べない「酸欠状態」で起こります。

女性は1ヵ月に1回月経があるので、貧血になりやすいのは頷けます。

原因2:過度なダイエット

女性の貧血の原因として最も多いのが、ダイエットが原因の貧血です。

痩せたいと願う女性は多いですが、過度なダイエットは赤血球を作るのに必要な栄養素である、

鉄分、タンパク質、ビタミンが不足しがちなのです。

栄養が不足すれば当然貧血になりますよね。

原因3:妊娠

お腹の中の胎児にたくさん酸素を送らなければならないため、その分、母体が貧血になりやすくなります。

また、妊娠すると赤血球も増えるので、それ以上に血液の水分量が増えます。

そのため、赤血球の密度が薄くなり貧血の原因になってしまいます。

原因4:出産

女性の大きな仕事である出産。

出産は出血を伴いますので、出産後貧血になることも珍しくありません。

原因5:授乳

授乳も多くの栄養を赤ちゃんに与えるので、

必然的に母体は貧血になりがちです。

原因6:病気

女性の場合、子宮筋腫や子宮腺筋症の病気が原因で、

月経時の出血が多くなることで、貧血を起こす場合があります。

➁貧血の対策

貧血の内の90%以上は「鉄欠乏症貧血」と呼ばれるものです。

鉄分、タンパク質、ビタミンCが不足することで起こります。

対策としては、食生活の見直しで改善出来ます。

摂取すべき鉄分は二つあります。

  • 肉や魚などの動物性食品に含まれる鉄分である「ヘム鉄」
  • 野菜や果物、貝類などの植物性食品に含まれる鉄分である「非ヘム鉄」

対策としては貧血に良い食べ物を摂取することですが、

食べ物で鉄分を補い続けるのは結構大変なんです。

食べ物以外での貧血対策としては、

サプリメントということも視野に入れて欲しいところです。

鉄分を含むサプリメントを取り入れる方が、現実的な対策法かもしれません。

➂貧血によい食べ物

ヘム鉄を含む貧血対策の食べ物

<肉類の貧血によい食べ物>

豚レバー、鶏レバー、牛レバー、コンビーフ、卵、

サラミ、フォアグラ、牛肉のハツ、牛肉のひれ、

牛肉のタン、鶏の砂肝、牛肉のひき肉、

豚肉のタン、牛肉のランプ、牛サーロイン、

ローストビーフ、牛リブロース

<魚類の貧血によい食べ物>

鮎、かつおぶし、ウナギの肝、いわし、

めざし、いかなご、カツオ、マグロ、ぶり、サンマ

非ヘム鉄を含む貧血対策の食べ物

<野菜類の貧血によい食べ物>

切り干し大根、パセリ、唐辛子、枝豆、大根の葉、

小松菜、サニーレタス、グリーンピース、菜の花

<貝類の貧血によい食べ物>

アサリ、干しエビ、はまぐり、ほや、しじみ、

ほっき貝、はまぐり、いくら、牡蠣

<果物類の貧血によい食べ物>

干しブドウ、乾燥プルーン、アボカド、ラズベリー、

干し柿、いちご、バナナ、オレンジ、

キウイフルール、きんかん

<豆類の貧血によい食べ物>

大豆、きな粉、エンドウ豆、小豆、そら豆、

ひよこ豆、湯葉、納豆、あんこ、油揚げ、インゲン豆

最後に一言

女性が貧血になる可能性は想像以上に高いことが分かりました。

適切な対策を取っていくことで、貧血を起こさせない食生活を送りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *