目元のシミにレーザー不要!20代の美白ケアはコレだ!

鏡を見てアレ?と思ったことはありませんか?

よく見ると目元にシミが出来ている・・・!!

目元にシミなんておばさん臭い!・・・と20代の女性は思いますよね?

20代なのに目元にシミなんてショック!

じゃあ、目元にシミが出来てしまったらどんな治療法があるのでしょうか?

よく聞くのはレーザー治療でしょうか?

ですが、いきなり皮膚科や美容外科などでレーザー治療をするのはちょっと怖い気もしますよね。

今やレーザー治療に行かなくても目元のシミに効く美白化粧品が出来ているんです。

この美白化粧品侮れない、優れた効能を発揮してくれるんですよ。

【スポンサーリンク】

➀目元のシミ、レーザー治療で取るべきか?

目元のシミは本来紫外線から私たちの体を守ってくれるもの。

ですが、役目を終えてしまうと、目元のシミは外に出されるべきものなのです。

しかし、一度目元にシミが出来てしまうと、なかなか消えないのが現実。

手っ取り早く目元のシミを消すとなるとレーザー治療を選択肢に挙げる方もいるかと思います。

レーザー治療とはどんなものなのか?

レーザーを用いてシミを照射してシミそのものを焼き切る治療法です。

肌に照射をされることで、メラニン色素に反応して、光のエネルギーが熱エネルギーに変換されて、シミを消滅させるという仕組みになっています。

シミ以外の部分へのダメージも最小限に抑えることが出来ますので、レーザー治療は割りとリスクの少ない治療法です。

ですが、私個人的に言わせていただければ、レーザー治療は最終兵器ではないかと思っています。

敏感肌や乾燥肌の方には向いていませんし、薄いシミい向けではないのでは、と思っています。

➁20代でも目元にシミが出来る理由

20代で目元にシミなんてウソでしょう!?と思っている方も多いかと思いますが、20代から目元にシミが現れる人もいるんです。

もちろんマイノリティ派ですが、20代で目元にシミが出来てしまう人には共通している点があるようです。

それは、色白な方で日焼けをしてもすぐに黒くならないタイプの人に出来やすいという点なんです。

また、10代の学生の頃に日焼け止めをぬらないでアウトドア活動をしてきた人や、お肌のケアに関心がない人なども20代で目元にシミが出来やすいと言われています。

20代からの目元のシミ対策は大事になってきます。

まだ目元にシミが出来ていない方でも、目元にシミが出来る要素は持っていることを自覚しましょう。

予防には何と言っても紫外線対策が一番です!

紫外線を浴びたら浴びただけ必ず目元のシミになって現れます。

日焼け止めはなるべくなら一年中つけるくらいの勢いで、こまめにケアしていきましょう。

➂20代での目元のシミには美白ケアが大事

20代で目元のシミを発見してしまったら、すぐに美白ケアしていくことが大事です。

20代で目元のシミが出来てしまった方がやりがちなのは、シミを隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを多用してしまうこと。

これは逆に摩擦で刺激を与えたり、余分な油分を与えてしまい悪化してしまうケースもあるんです。

最近ではレーザー治療に引けを取らない高濃度で有効成分が配合されている美白ケアもたくさん誕生しています。

美白コスメは今や20代から使うようになってきました。

美容コスメもたくさんの種類があります。

敏感肌の方でも低刺激な美白コスメや、シミだけでなくシワやたるみにも効果的な美白コスメも出てきています。

そして、そのような美白コスメに頼るのと同時に美白ケアを行うとすると、食事からの美白ケアがあります。

シミが出来にくい食材で美白を目指します。

同時にUVケアとピーリングによる美白ケアも怠らないようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *