妊娠検査薬はいつから?陽性反応には間違いが?

pregnant-775036_960_720

妊娠を知るタイミングってそれほど違いはないと思うのです。

随分昔でしたら産婦人科でしか知ることしか出来なかったはずですが、今は妊娠検査薬という便利なものが出てきています。

妊娠検査薬にも様々なタイプが出てきていますが、いつから妊娠検査薬を使って陽性か陰性か反応を知ることが出来るのか、詳しくお話ししたいと思います。

中にはフライング検査と呼ばれるものもありますので、妊娠検査薬で陽性か陰性か反応に間違いがある場合もあります。

妊娠検査薬はいつから検査出来るのか知ることで、陽性、陰性の正しい結果が知れることでしょう。

私も他ならぬ、妊娠は妊娠検査薬で知ることが出来ました。

それでも、99.9%の確率だと言われていましたので、0.1%が怖くて、でも知りたくて、そのまま産婦人科へGOしました。

最終的には産婦人科ですが、その前の妊娠検査薬について正しい知識を入れましょう。

スポンサーリンク

➀妊娠検査薬はいつから陽性反応が出るの?

一般的な妊娠検査薬は生理予定日1週間後に行うこととされているようです。

しかし、別の医療用のものは早いもので生理予定日から検査が可能なものもあります。

それは、生理予定日から陽性反応が出るので、早く知りたい人にはいいかも知れません。

ただ、生理不順などで陰性となる場合もありますので、妊娠検査薬も100%とは言い切れません

その他、いつから陽性反応が出るのか、そのタイミングは、性交渉後3週間を目安に妊娠検査薬を使うやり方もあります。

そもそも陽性反応ってどういう仕組みで出るの?

妊娠した際に分泌されるホルモンが、一定量以上になると妊娠検査薬は反応します

ただ、再三申し上げていますが、一定量に達するまでのペースは個人差があります。

一般的に一定量に達するのが生理予定日の1週間後となっている訳ですね。

妊娠検査薬で陽性が出たら何も妊娠していることが分かるだけではないんですよ。

他に、

・正常妊娠

・子宮外妊娠

・閉経期

・流産、中絶直後

・ホルモン剤

・糖尿、タンパク尿、血尿

・悪性腫瘍

を知ることもに繋がります。

➁妊娠検査薬のフライング

妊娠検査薬を使うタイミングが間違って、フライングしてしまうこともあります。

一番肝心なのは、製品によって違いますので、その仕様書をよく読むことです。

通常であれば、検査で判定できるだけのhcgホルモンが検出される状態にあればフライングはしません。

出来るなら、妊娠検査薬に尿をかけて、反応が出るまでの時間や、出てきた線の濃さをメモしておくといいですよ。

何故なら、フライング検査です反応が薄くて、正確なことが分かりにくいからです。

例えば、フライング検査のよって陽性が出ていたのに、生理予定日を1週間過ぎて検査をしたら陰性だったというパターンもあります。

その場合は、化学流産の恐れもありますので、やはり、妊娠を確実に知りたいのなら、産婦人科へ行くことです。

➂妊娠検査薬はどこで買える?

現在、薬事法が変わり、妊娠検査薬は簡単に手に取れないように、必ず薬剤師さんによる対応が必要となっています。

妊娠検査薬にも色々な種類がありますので、この機会に薬剤師さんと相談して選ぶのも悪くないと思いますよ。

早く検査して結果が知りたい人には「チェックワンファスト」がお勧めです。

このように妊娠検査薬は第2類医薬品に分類されていますので、販売方法を薬事法できちんとクリアしているのなら、コンビニでも買えることがあるようです。

ただ、その数は少ないです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *