リジンはアミノ酸の必須?食品や効果をご紹介!

pills-347609_960_720

「リジン」と聞いてもあまりピンとこないものだと思います。

リジンとはタンパク質を作るために必要な必須アミノ酸の一種なんです。

そう漠然と言ってもあまり分からないですよね?

ですが、リジンは身体の組織を作る上で大事な成分です。

普段は食品やサプリメントからしか摂取できないアミノ酸ですから、食事バランスには注意が必要なんですね。

リジンを摂取することによって様々な効果があり、予防が出来ちゃいます。

食品として摂取出来ない場合は、サプリメントでも効果があります。

【スポンサーリンク】

➀リジンとは一体何者?

リジンについてですが、まず約20種類ものアミノ酸が連結したものがタンパク質となります。

タンパク質は人間の約20%を構成するとても需要な栄養素です。

それとは別に体を作り上げていく組織を作る上で重要な役割を果たすのがアミノ酸ですが、その時、体の中で合成することが出来ない必須アミノ酸というものが存在するのです。

その必須アミノ酸の一つにあるのがリジンなんです。

体を構成するタンパク質の組み立てには、リジンは必要な栄養素となる訳ですね。

アミノ酸は2つの種類に分かれ、リジンの場合は必須アミノ酸の部類に入ります。

必須アミノ酸は体内で合成することが出来ないので、食品などから摂取しないといけないのです。

つまり、タンパク質と必須アミノ酸を摂取していく上で、リジンは欠かせない成分という訳です。

➁リジンには5つの効果がある!

(1) ヘルペスの改善、予防

口の周りに腫れたような疱疹が出来るいわゆるヘルペス。

ヘルペスの原因となるウィルスによる感染に対して、リジンは身体の抵抗力を高めて、感染症の予防、改善が期待出来るんです。

(2) 髪の毛の育毛促進

男性型脱毛症の改善に効果的とリジンは注目されています。

(3) 疲労回復

リジンはタンパク質やカルシウムの吸収を助け、ブドウ糖の活動を活発にして、疲労回復の効果があります。

また、集中力を高める効果もアリ

(4) 肝臓の活発性

お酒の過剰摂取によって起こる肝機能の低下にリジンは効果的。

また、ホルモンを作る働きも活性化してくれます。

(5) 脳卒中の発症を予防

脳卒中は脳の血管がつかまる脳梗塞と、血管がやぶれる脳出血があります。

どちらも脳血管周りの危険な症状ですよね。

そこでリジンの登場

リジンは血圧を下げて安定させ、血管を強くしてくれる働きがあるんです。

➂リジンを含む食品

リジンやアミノ酸について話してきましたが以下の食品にもリジンは含まれているらしいです。

・牛乳
・チーズ
・鶏肉
・豚肉
・サバ
・大豆
・豆腐
・湯葉
・しらす干し
・きな粉
・カツオ

牛乳に限って言えば、リジンは牛乳から発見された栄養素なんですね。

ですから、乳製品を初め、肉、魚などの動物性タンパク質に多く含まれているんです。

豆や大豆類以外の植物性タンパク質にはあまり含まれないので、上に記したような食品を積極的に摂るようにしましょう。

リジンの効果的な摂取方法としてはサプリメントもおススメします。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *