唇ヘルペスの原因はどこ?初期から治し方を知るべき?

一度、口唇ヘルペスにかかると、完治するのがなかなか難しいそうです。

中には、ヘルペスとずっと付き合っていくハメに陥る恐れもあるのです。

そんな口唇ヘルペスの原因を知ることで、日常生活で気を付けることも分かってくるかと思います。

また、口唇ヘルペスは、初期にかかる人と再発する人とでは、原因と治し方はだいたい同じですが、再発した人しか出来ない治し方もあるので、ご注意下さい。

口唇ヘルペスは口の周りに出来るので、すごく目立ちますし、自身も気になります。

お化粧も出来ませんし、女性としては、とってもイヤな思いをします。

口唇ヘルペスの初期の原因と治し方をまとめました。

【スポンサーリンク】

➀口唇ヘルペスの原因-初期感染-

口唇ヘルペスは口の周りに水膨れができ、「単純ヘルペスウィルス」というウィルスが原因となります。

実は、日本人の70%の人たちが、この口唇ヘルペスに感染しているそうなんです。

口唇ヘルペスは初期の感染なのか、再発なのか、体調によって症状の程度が変化します。

〇初期の感染のプロセス

初期1.口の周りがピリピリ、チクチク、むず痒くなる。

初期2.口の周りの皮膚に違和感を感じると同時に、その部分が赤く腫れる。

初期3.症状が出てから3日後くらいに、水膨れが出来る。

初期4.水膨れが爆発し、かさぶたになる。

このプロセスはだいたい2週間程度となります。

口唇ヘルペスは人との接触が原因で感染します。

口唇ヘルペスの原因である「単純ヘルペスウィルス」は感染力が、半端ないくらい強いウィルスです。

ですから、家族間でもタオルやグラスを介して感染する原因はあるので、注意が必要です。

➁口唇ヘルペスの原因-再発-

一度、口唇ヘルペスに感染した方は、治ったと思っていても、体内にヘルペスウィルスがなくなったわけでありません。

ウィルスは神経細胞にじっと隠れているんです。

〇再発の原因となるタイミング

・風邪で熱が出た

・過労状態が続いた

・強いストレスと戦っている

・紫外線を浴びた

・月経前のホルモンバランスが乱れている

・病気などで免疫力が落ちている

〇再発のサイン

・唇、唇の淵あたりにピリピリ、チクチクを感じる違和感がある。

・一部分だけにピンポイントに痛痒い感じがある。

再発のサインはとても初期症状に似ていますので、再発の人はピン!と来るかもしれません。

➂口唇ヘルペスの治し方

口唇ヘルペスの初期症状に思い当たったら、むやみに手で触ってはいけません!

まずは、皮膚科での治し方が一番手っ取り早い治し方となります。

治し方の処置が早ければ、それだけ症状が軽く済みます。

治し方として病院で処方される薬は、

・抗ウィルス薬

・抗生物質

・鎮痛剤

になります。

ただ、治し方として市販薬も出ているのです。

ですが、市販薬は外用薬のみとなっているんです。

内服薬は副作用の心配があり、まだ認められていないんですね。

外用薬では、

・ヘルペシアクリーム

・アクチビア

があります。

これは、初期の症状の時は使えません

あくまでも口唇ヘルペスを再発した方用の外用薬となっています。

口唇ヘルペスの治し方としては、まず再発させない治し方が大事です。

・疲れ、ストレスを溜めない

・バランスの良い食生活

・十分な睡眠をとる

・リフレッシュな時間を持つ

・規則正しい生活を心掛ける

・紫外線を避ける

口唇ヘルペスになってしまったら、早期治療が必要です。

原因はたった一つのウィルスですが、治し方には色々と工夫が必要なようですね。

今のところ、口唇ヘルペスの原因を自分で何とかしようにも、病気などにかかった場合は、どうしようもありませんよね。

そうなると、再発しないような治し方をしなければなりませんね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *