米ぬか洗顔の頻度って?効果でシミが消えるらしい!

face-657291_960_720

米ぬかにはたくさんの栄養素が含まれていることから、洗顔に活用されているようですね。

ぬか床を作っている人の手は白くて美しいと聞いたことがあります。

まさしく、その美白効果が米ぬか洗顔でも作られることを意味しています。

米ぬかパックなどもお勧めですよ。

ただ、その頻度には気を付けないと、米ぬかには強い洗浄力があるので、使いすぎは却ってマイナスになってしまいます。

正しい頻度でその効果もシミ予防であったり、ニキビ予防にも適しています。

シミ予防でアンチエイジングも叶えられそうですね。

米ぬかには女性が喜ぶ成分と効果が認められるので、積極的に上手に取り入れていきたいですね。

美肌を手に入れるために今日から米ぬか洗顔を始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

➀米ぬか洗顔とは?

米ぬか洗顔の「米ぬか」とは?

玄米の胚芽とぬか層が粉状になったものを米ぬかと言います。

お米の主成分であるビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。

この「米ぬか」を利用して程良い頻度で洗顔することがシミの無い白く美しいお肌を手に入れると期待されています。

昔の人は高い頻度で米ぬかを使用して洗顔をしていました。

それほど、米ぬかの豊富な栄養素が美肌へと導いてくれる効果があるんですね。

そんな優秀な米ぬかだからこそ、最近改めて見直しされてきているんです。

➁米ぬか洗顔の効果とは?

〇保湿効果

米ぬか洗顔を使った方の感想で多いのは「肌がしっとり、ツルツルになった!」という声です。

米ぬか自体に毛穴の汚れを落とす効果があるんですね。

その作用で肌がふんわりと柔らかくなるのです。

それには米ぬかに含まれるビタミンB2が保湿効果を生み出しているから。

そうすることで洗顔の後のスキンケアである化粧水の浸透も良くなる訳です。

〇シミ、くすみを作らせない

米ぬかには美白に欠かせないビタミンC、ビタミンB2が豊富に含まれていると、再度申してきました。

実はその他にも充実した成分がたくさんあるんです。

脂質成分とセラミドといった肌にビタミンを浸透させるのを助ける成分がありますので、市販の美白化粧水とは比べ物にならないほど、肌への浸透力が高いのです。

その他、抗酸化作用を持つオリザノールという成分が配合されています。

このオリザノールはシミや黒ずみの原因となるメラニン色素を増やさないようにしてくれるので、アンチエイジングには打ってつけなんです。

〇ニキビ予防

米ぬかは皮脂汚れをしっかり落としますが、使用頻度が多いと同時に必要な皮脂まで落としてしまうのでは?と、心配な部分があります。

でも、米ぬかには20%程度の油分があるので、高い洗浄力と同時に必要な油分は肌に留めておくことが出来るのです。

➂米ぬかの洗顔以外の使い方

〇米ぬかパック

初めは臭いが気になるかもしれませんが、慣れてくるとこのパック、クセになりますよ。

ピーリング効果のあるヨーグルト。

保湿効果のあるはちみつを加えると尚効果的です。

ですが、その頻度には気を付けて下さい。

使用頻度が高いと肌に負担をかけてしまいますので、週2~3日の頻度にしておきましょう。

〇入浴剤

ぬか袋に米ぬかを入れて湯船に浮かべるだけ

ぬか袋がなければお茶パックやストッキングでもOK。

〇食事にひと加え

クッキーを作る時にひと加え。

ヨーグルトやミルクにきな粉代わりに入れるものいいですよ。

ただ、注意点は食用の場合は無農薬の米ぬかを使って下さいね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *