歯の黄ばみは原因と除去手段?虫歯前に解決する方法とは!

歯は美しさの象徴です。

笑顔の時、その美しい歯が見えると、印象が良くなりますよね。

しかし、その反面、歯が黄ばんでいて、歯が汚く見えてしまう笑顔もあるのです。

歯が汚く見える原因は、着色汚れやは歯並びの悪さなどが原因です。

どうして、歯の黄ばみが出来てしまうのか。

その原因を奥深く追及していきます。

歯の黄ばみの原因と合わせて、歯の黄ばみの除去法もご紹介していきます。

除去法は実に多彩でした。

そして、歯の黄ばみと同じくらい気になるのが、虫歯ではないでしょうか?

子供から大人になってまでも、虫歯に悩まされている人は多いです。

美しい歯を手に入れる方法を学びましょう。

スポンサーリンク

➀歯の黄ばみの原因は7つもある

原因1:ステイン

紅茶やコーヒーなどのステインが原因で黄ばみが出る。

原因2:歯石

歯石がついているとどうしても汚く見えてしまいます。

歯の黄ばみだけでなく、歯茎まで汚く見え、口臭もあり、不潔な印象を与える原因に。

原因3:被せ物が古い

プラスティックの被せ物は、2、3年たつと黄ばみが出て変色してきます。

土台に金属を使っているので、根元や歯茎が黒くなります。

原因4:虫歯

虫歯で穴があいていたり、黒くなっているのが黄ばみの原因に。

原因5:神経が死んでいる

前歯の神経が死んでしまうと、歯が黒くなったり、欠けやすくなります。

原因6:銀歯

銀歯があると口の中が暗くなり、汚く見えてしまいます。

原因7:歯並び

歯並びが悪いだけでも、歯が汚く見えてしまいます。

➁歯の黄ばみを除去する6の方法

除去法1:美白用歯磨き粉を使う

美白用の歯磨き粉には、歯の表面の汚れを落とす研磨剤と、ステインを浮き上がらせる成分が入っていますので、黄ばみのある歯を除去する役目をします。

除去法2:ホームホワイトニング

歯医者でマウスピースを作って、自宅でホワイトニングして除去する方法です。

手軽に出来て、何度でも行える除去法です。

除去法3:歯石を落とす

最も、基本的な除去法ですが、歯医者で定期的に歯石を落としてもらうことが大事です。

除去法4:歯のクリーニング

歯医者で専用の機器を使って行う除去法。

自分では取れきれない汚れや、着色などをキレイにします。

除去法5:オフィスホワイトニング

ホワイトニングの歯の中の色素を抜く除去法です。

歯医者で歯の表面に薬剤を塗り、光を当てて活性化させて脱色します。

除去法6:セラミック

一番キレイに出来るのは、芸能人の方も行っているセラミックです。

希望通りの白さへ蘇らせます。

➂歯の黄ばみと虫歯の関係は?

歯の黄ばみと虫歯は、大きな関係があります。

虫歯は、口の中の虫歯菌によって、歯の表面のエナメル質が変質して出来てしまうものです。

エナメル質が変質するとどうなるか?

黄ばみが強くなったり、黒ずんでしまったりします。

その結果どうなるか?

本来の白さは保てなくなります。

エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯が到達すると、象牙質が変色してしまいます。

象牙質が変色することで、エナメル質が透けて、黄ばみがあるように見えることもあります。

虫歯による歯の黄ばみを改善するには、まず、虫歯の治療をすることから始めましょう。

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *