朝食抜きダイエットはダメ!影響とデメリットはあるの?

breakfast-848313_960_720

以前から賛否両論であった朝食抜きダイエットですが、ホントのところはどう影響があるのでしょうか?

朝食を抜きにすることで起こる影響を考えると、メリット、デメリットがあるのは確かなようです。

モデルさんは朝食を工夫することだけで、あのスタイルを保っているわけではないので、自分の身体に合ったダイエット方法とどう出会えるかということですね。

朝食抜きダイエットで本当に痩せた方もいらっしゃるでしょうし、逆に効果なし以上に太ってしまった、という声も聞こえます。

ここでは朝食抜きダイエットのメリット、デメリットを簡単にご説明します。

スポンサーリンク

朝食抜きダイエットは効果的なの?

「朝食はダイエットに影響する」

「朝食はダイエットに影響しない」

と朝食抜きダイエットは賛否両論言われています。

一番重要なのは、生活スタイルと総エネルギーなんです。

どういうことかと申しますと、体が欲していないのに無理に朝食を食べても、痩せる痩せないという観点から離れていくと思うのです。

逆に無理に朝食抜きにしても、空腹状態に耐えられるか、というデメリットもあります。

朝食抜きで空腹状態になっていても、余計にストレスが溜まって過食に繋がってしまう影響があります。

ですから、自分の体のことをよく知って、体の調子やリズムに合わせて朝食を摂るか摂らないかで良いのだと思います。

くれぐれも朝食抜きにして栄養不足や食べすぎに影響しないように気を付けて下さい。

➁朝食を食べるメリット

〇エネルギー補給

一日の始まりにエネルギーを補給するのは、一日中元気でいられますよね。

人は睡眠中もエネルギーを消費しているので、やはり、朝食は重要ですよね。

〇体温を上げる

朝食を食べることで体温が上がると、体や脳が活発になります。

食べたものを消費する力、吸収する力を消費するためにも朝食は必要になってきます。

〇便秘解消

食べることで胃腸が刺激されます。

刺激されることで胃腸も目覚めて、排便を促す影響もあります。

〇間食しない

朝食でお腹を満たせていれば、余計に食べることを必要としません。

自律神経には体を活発にする交感神経と、リラックスさせる副交感神経があります。

朝食を食べることで内臓が活動を始めるので、このタイミングでスイッチが入り、生活リズムが作られて、結果自律神経も統一される影響もあるのです。

➂朝食抜きダイエットのデメリット

最後に朝食抜きダイエットをするデメリットを3つ挙げさせて頂きます。

デメリット1〇生活習慣病のリスク

朝食を摂ることで体の中のインスリンを低く抑えることが出来ているのです。

ですから、糖尿病などのリスクも抑えてくれる訳ですから、朝食を抜きにすると糖尿病を始め生活習慣病に影響しやすいことが分かっています。

また、朝食を摂ることで脂肪が体内に溜まっていくのを防ぐことが出来るようになります。

これは朝食抜きダイエットとは正反対のロジックですね。

それに朝食を抜きにする女性は朝食を食べる女性より糖尿病の発生リスクが高まるデメリットもあるそうなんです。

デメリット2〇集中力の低下

朝食を抜きにすると集中力と記憶力低下に影響します。

デメリット3〇作業効率の低下

集中力、記録力の低下と共に、作業効率の低下も影響します。

朝食を抜きにすることで、午前中の行動力が落ちる原因だと言われています。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *