日本酒のカロリーと糖質は高いの?ダイエット中に飲むには?

日本人なら日本酒を嗜むべきでしょうか?

何だか日本酒ってカロリーも糖質も高いイメージがあります。

実際の、日本酒のカロリーと糖質を調べてみました。

そうすると意外なことが発見できましたよ

また、日本酒と比べる意味で、焼酎やビールも登場します。

最近、日本酒でダイエットが出来ると聞いたのですが、それって本当なのでしょうか?

日本酒のカロリーと糖質から導き出される答えを期待して下さい。

つまり、日本酒でダイエットは可能なのですが、それには条件があります。

日本酒でのダイエットの注意点もまとめましたので、是非、参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

➀日本酒のカロリーはどれくらい?

そもそも日本酒はどうやって作られるのか?

それはお米の主成分であるデンプンを糖に変えて、さらにその糖をアルコールに変える、という手法で日本酒は出来上がります。

日本酒の種類とカロリー

日本酒100gあたりのカロリー

純米酒 ⇒ 103kcal

本醸造酒 ⇒ 107kcal

吟醸酒 ⇒ 104kcal

純米吟醸酒 ⇒ 103kcal

種類ごとで見てみても、大して差はありません。

日本酒自体がそもそもそんなにカロリーの高いものではないことが分かりました。

因みに、焼酎のカロリーは100g ⇒ 206kcalです

➁日本酒の糖質は高いの?

日本酒はそもそも原材料がお米です。

ですから、当然糖質も含まれるわけです。

糖質を割り出す計算式は、

糖質 = 炭水化物 - 食物繊維量

となります。

日本酒を代表して純米酒で計算してみました。

純米酒ですと100gあたり3.6gの糖質があり、1合ですと6.9gの糖質になります。

どうしてそんな数値が出るのかと言いますと、日本酒には食物繊維が含まれていないからです。

ですから、必然的に糖質は炭水化物だけとなるんです。

因みに焼酎は、蒸留酒であるので、アルコールと水分だけで出来ています。

つまり、焼酎は糖質0ということなんです。

➂日本酒でダイエットは成功するの?

日本酒ダイエットとは、日本酒を飲んでダイエットするというよりも、他の飲み物、例えばビールを飲む代わりに、日本酒を飲む、というスタイルを取ると、ダイエット効果が期待できるということです。

因みにビールのカロリーは、ビール100mlで40kcalとなっています。

ですが、ビール100mlは、コップの3分の1くらいの量です。

ジョッキで飲むことが多いと思うので、ジョッキを300mlとしたら、単純計算で120kcalとなります。

日本酒が103kcalなので、その差は一目瞭然ですよね。

再三言うようですが、日本酒はビールを飲むよりは、ダイエット効果がありますが、だからと言って、日本酒ばかり飲んでいればダイエット出来るのか?
と言われれば、違うと答えます。

カロリーの部分で、ビールより日本酒の方がダイエットに適しているという意味です。

しかしながら、日本酒ダイエットでは、代謝の改善までは期待出来ないので、太りやすい体質が改善されることはありません。

このような言い方は適していないかもしれませんが、もっと本気でダイエットに取り組みたい方は、日本酒ダイエットでカロリーを抑えるやり方より、代謝の改善を行えるダイエット法に変えた方がいいかと思います。

これらのように、日本酒にはカロリー、糖質は、やや抑えられてはいますので、ビールよりはダイエット向きだということは分かりました。

ですが、根本的に見ていくと、日本酒ダイエットはカロリーや糖質がやや低いというだけで、完全なるダイエット方法ではありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *