いびきの治し方は?女性の解消グッズはまくらが有効!

いびき

いびきは男性がかくものと思っていませんか?

実は女性の15%がいびきをかいているそうなんです。

男性でも迷惑ないびき。

それが女性である自分もかいているとなると、夜が恐怖になってきますよね。

今では、いびきの治し方も様々なものがあるようです。

いびき関連のグッズも出てきています。

特に今重要視されているまくらなどは、

いびき以外にも健やかなる睡眠に欠かせないものとなっています。

女性としていびきをかいてしまうのは、とても恥ずかしいですよね。

ここでは、いびきの原因や治し方、まくらなどのグッズなどをご紹介します。

スポンサーリンク

➀いびきの原因とは?

いびきには様々な原因が隠されています。

自分はどんな原因でいびきをかいているのか、考えてみましょう。

  1. 口呼吸をしている
  2. 鼻に何かの疾患がある
  3. 太っていることで上気道が狭くなって呼吸の時に空気抵抗が大きくなる
  4. 仰向けで寝ていることで、舌が下がり上気道が狭くなる
  5. アゴが小さい
  6. 疲れやストレス
  7. お酒を飲んでいる
  8. 舌が大きい
  9. 咽頭扁桃・口蓋乗が肥大していびき、睡眠時無呼吸症候群を起こしている
  10. 突然いびきをかくようになった場合は、何らかの病気かもしれない

どうでしょう?

自分がどれに当てはまるか分かりますか?

寝ている時のことなので、よく分からない方も多いと思います。

ですが、男性女性関わらず、当てはまるいびきの原因があるのでは?

女性でいびきをかくのは、恥ずかしいですから、治し方が知りたいですよね。

➁いびきの治し方とは?

一番簡単なのは仰向けで寝ないことです。

横向きの方が呼吸は楽なのです。

この横向き寝を習慣づければ、自然に横向き寝の癖がつきます。

タオルやバスタオルなどをまくらの下に入れて高さ調節をします。

そうすることで、自然と横向き寝になるはずです。

ただし、あまりにもいびきが酷い場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので、すぐに専門医に診てもらいましょう。

いびきの治し方は、まくらの高さで出来るわけですね。

仰向けで寝ていると、確かに舌が喉を塞いでしまい、いびきがかきやすくなるのが、分かります。

いびきの治し方として、まくらを調節して横向きになればいいんですね。

いびきの治し方の基本は、やはり自分がいびきをかいている事実を知ることが、いびきの治し方に繋がります。

➂いびきのおススメ対策グッズ

今回はおすすめできる4つのいびき防止グッズをご紹介します。

いびきグッズ1:いびきまくら

気道が開きやすく、呼吸しやすくなるような形状のまくら

いびきグッズ2:マウスガード

マウスガードで口呼吸をやめる

いびきグッズ3:鼻腔ストレッチャー スージー

鼻にテープを貼って鼻腔を広げる

いぎきグッズ4:録音アプリ

夜寝ている時に録音することで、いついびきをかいているか、その大きさはどのくらいか、が知れる

これらのグッズを上手く利用して、女子力低下ないびきから解放されたいですね。

家にいる時はまだしも、泊りに行く機会などがあると、いびきをかく人は困りますよね。

特に女性の方、イメージ崩壊してしまいます。

そういった場合に、持ち歩けるいびきグッズがあれば、いいですね。

最悪、何も持っていけなかったら、まくらの高さをタオルなどで調節して、いびきグッズの代わりにしましょう。

いびきの治し方は人によっても様々です。

自分に合ったいびきの治し方を選びましょう。

その中でいびきグッズが必要になることがあります。

そういった場合は、いびきの治し方として、グッズを効果的に使いましょう。

女性だったら、尚のこと、いびき対策はしたいですよね。

女性ですとマウスは鼻ガードは、ちょっと躊躇いがあるかと思います。

そんな女性がいびきを治すには、はやりまくらを変えてみることです。

まくらは質の良い睡眠には欠かせません。

女性の場合は、まくらを変えることが、いびきの治し方で一番いいかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *