若白髪を染める時の注意|頻度や対策も紹介!

若白髪が見つかったら、すぐに染めることをお勧めします。

若白髪は若いうちに出来てしまうものですよね。

若さに白髪は似合いません。

若白髪のストレスを無くすためにも、若白髪が見つかったら染めることで解決していきましょう。

若白髪を染める頻度はどれくらいが適切か?

染める頻度で自分なりの工夫も必要です。

染める頻度はもちろん、少ないに越したことはありませんが、目立たなくするためには、適切な頻度を知りましょう

また、若白髪の対策法についても触れてみました。

若白髪が出来てしまったら、どう対策していけばいいのか。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

➀若白髪を染める頻度-その1-

若白髪が目立ち始める時に、相棒となってくれるのは白髪染めです。

若白髪は抜くと、頭皮を傷めることになりますので、しないようにして下さい。

若白髪の対策は色々ありますが、生活の中での改善を行う時間が、だいぶかかってしまうので、すぐに美しい髪を取り戻したい場合は、若白髪であっても、白髪染めを使うのが、一番手っ取り早い対策となります。

とは言え、若白髪に白髪染めというのは、ヘアカラーの一種ですから、あまり頻繁な頻度で染めると、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

じゃあ、白髪染めはどれくらいの頻度で行うのが最適なのでしょうか?

その前に、若白髪に使う白髪染めの頻度に関して、白髪染めのメカニズムを知りましょう。

若白髪は普通のヘアカラーでは染めるのには適してはいなので、専用のもので染めることになります。

白髪を染めるのは、髪のキューティクルをはがすことで、液を内部まで浸透させます。

つまり、本来髪が持っている力を弱めることになりますので、何度も染めるとその頻度が多いほど、髪は弱って頭皮のダメージへと繋がってしまいます。

➁若白髪を染める頻度-その2-

若白髪を染める頻度で理想的なのは、2ヵ月に1回です。

どんなに多くても月1回までに留めましょう。

2ヵ月に1回という頻度の根拠は、髪の毛が伸びる日数を考えてのことです。

この頻度で染めると、キレイな状態を保つことが出来るということもあります。

特に、美容院ではなく自分で白髪染めをする場合は、長めの間隔を空けることが必要になってきます。

何故なら、慣れていないと色ムラが気になり、どうしても染める頻度が多くなってしまうのです。

美容院で染める場合は、2ヵ月に1回染めてもらい、その間、気になる生え際などは部分染めをすると一番いいですね。

➂若白髪の対策方法

対策1:食事を見直す

  • タンパク質(動物性)・・・肉、魚、卵
    (植物性)・・・豆腐、納豆
  • ミネラル(銅)・・・アーモンド、くるみ、牡蠣、サクラエビ、牛レバー
  • ビタミンE・・・あんこうの肝、モロヘイヤ、いくら
  • ビオチン・・・あさり、ししゃも、かつおぶし、青のり、卵黄

これらをバランスよく食事に取り入れましょう。

対策2:睡眠をしかっり取る

睡眠は健やかな髪の成長を支える大事な時間です。

成長ホルモンが活発になるこの時間は、髪を黒くするメラニンの生成が行われています

対策3:ストレスを溜めない

ストレスは更なる若白髪への影響が考えられますので、ストレスフリーな生活を送りましょう。

対策4:白髪染めをする

白髪染めをすることも、有効な対策の一つです。

染めることで、人の目も気にならなくなったり、何より、自分自身の意識が違ってきます。

若白髪がストレスになってはツライですよね。

ストレスフリーの意味でも、若白髪は染めることで対策出来ると思います。

若白髪の対策で色々挙げてきましたが、結局、若白髪を早く無くす意味では、白髪染めの対策が一番の近道ということになります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報はお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *