抹茶のカフェイン含有量は多いの?効能や副作用も気になる!

抹茶は日本が誇るお茶ですが、抹茶について皆さんはどれくらい知っていますか?

今回、抹茶について詳しくお話ししていきます。

抹茶にはカフェインが入っているのでしょうか?

もし、抹茶にカフェインが入っていたとしたら、その含有量はどのくらいなのでしょうか?

抹茶のカフェインの量についても調べました。

また、抹茶には優れた効能がたくさんあります。

効能がある反面で副作用の心配もあるのでしょうか?

抹茶による効能と副作用についても調べました。

抹茶の効能と副作用を知ることで、今後、より一層抹茶を美味しく飲むことが出来ると思います。

【スポンサーリンク】

➀抹茶のカフェイン含有量は?

抹茶は意外とカフェインの量が多く含まれています。

一般的に抹茶のカフェインの量は、150mlあたり50㎎です。

カフェインと言って思いつくのがコーヒーですが、コーヒーのカフェインの量は、150mlあたり100㎎となっています。

コーヒーよりはカフェインの量は少ないですが、抹茶のカフェインの量は多い部類に入ります。

コーヒーよりはカフェインの量が少ないからと言って、コーヒーより抹茶を飲みすぎるのはちょっと心配です。

カフェインは1杯の量の中に多く入っていないから安心という訳ではありません。

トータルで見て、どれくらいカフェインの量を摂取したのかが問題なのです。

コーヒーってがぶがぶ飲む飲み物ではありませんよね。

ゆっくり、じっくり飲んでいきます。

ですが、抹茶は毎食の食事のお供にであったり、一服する時であったり、割りと何回も飲む飲み物です。

ですから、結局、コーヒーを飲むより抹茶を多く飲むと、多くのカフェインの量を摂取していることになりかねません。

➁抹茶にはどんな成分があるの?

抹茶とは、日本茶の葉を乾燥して粉末にしたものです。

ですから、よりたくさんの栄養が摂れます。

抹茶に含まれる栄養は、それぞれどんな効能があるのか見て行きましょう。

効能1:カフェイン

利尿作用があり、脳の神経を興奮させて、眠気を覚ます効能があります。

効能2:カテキン

血圧が上がるのを抑えたり、血液中のコレステロールや血糖値を調節する効能があります。

また、抗酸化作用の効能で、老化防止の効能、アンチエイジングの効能が認められています。

そして、何といっても癌予防の効能があるのが特徴的です。

効能3:サポニン

カビを予防したり、炎症を予防する、アレルギーに対しての効能が期待出来ます。

また、肥満防止の効能もあります。

効能4:ビタミン類

ビタミンA、B2、C、葉酸が含まれていますので、お腹の調子を整える効能があります。

その他、抹茶にはアミノ酸、ミネラル、食物繊維などもたくさん含まれています。

➂抹茶で起こる副作用とは?

抹茶に含まれるカフェインは、依存性、中毒性が高いです。

その中で考えられる抹茶の副作用をご紹介します。

まず、貧血が起こるという副作用。

タンニンが鉄分を結合することで起こる副作用です。

また、カルシウムと結合することで起こる副作用は、尿路結石という副作用を起こします。

それと、抹茶を作り置きすることで、タンニンが酸化するので、副作用起こりやすくなります

特に、色が変わってしまうと、それだけタンニンが酸化した証拠になるので、副作用が起こるという訳です。

主な副作用は他にも、

・カフェインが安眠妨害する副作用

・貧血になる副作用

・胃の調子が悪くなる副作用

など、気になる副作用があります。

ですが、これは、抹茶を摂り過ぎた場合です。

一般的に適度な量の抹茶を摂っていれば、副作用は起こりません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *