炊飯器ローストビーフって美味!簡単で失敗しないって本当?

lemon-69756_960_720

ローストビーフは手間ひまかからないイギリス発祥のお料理。

とってもシンプルかつ美味しいお料理です。

だけど、ローストビーフって作るのが難しいのでは?と思っている方が意外と多いんですよね。

よくある失敗は、肉の分量が少なくて、オーブンでは火が通りすぎてしまうことです。

やはり、ローストビーフを家庭で作るのには、限界があるのでしょうか?

電化製品の発展は著しいですが、炊飯器も例外でなく、炊飯器で簡単にローストビーフが作れちゃう時代になりました。

炊飯器で簡単、失敗なしのローストビーフ作ってみませんか?

失敗知らずの簡単な調理法をご紹介します。

スポンサーリンク

➀ローストビーフのお肉の下こしらえ

ローストビーフのお肉は、調理する前の1~2時間前に、冷蔵庫から取り出しておきましょう

常温というのが失敗しないためにも、大事なポイントとなります。

何故かと言いますと、冷たいと火の通りが悪くなり、生のままになってしまうからです。

だからついつい長時間火にかけてしまいます

そうすると、肉の中は適温でも、外は火が入り過ぎると、肉汁や赤み肉の旨みがなくなってしまうのです。

これでは簡単どころか、余計に手間暇がかかってしまいます。

炊飯器でローストビーフを簡単に作りたいのですから、失敗しないように、下ごしらえからきちんと行います

焼きあがった後も、すぐにカットしてはいけません。

肉汁と旨みが流れてしまいますよ。

②簡単、炊飯器での作り方

1、炊飯器にお湯を4合入れて保温しておく

2、牛もののかたまり肉(300g)に、塩、コショウをまんべんなくかける

3、フライパンで焼き目がつくまで焼く

4、焼き目がついたら、ジップロックに入れ、中の空気を抜く

5、空気が全て抜けたら、炊飯器に入れて、40分保温する

6、取り出してすぐ冷水につける

7、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす

下ごしらえさえしっかりしておけば、あとは炊飯器が簡単にほとんどやってくれます。

ローストビーフを作るものとしては、炊飯器が一番簡単で失敗しないです

ローストビーフと言いますと、外食でしか食べられないと思われがちですが、家でも炊飯器さえあれば、失敗しないで簡単にローストビーフが作れます。

炊飯器で作ったローストビーフでも、レストランに匹敵する味が出せるはず。

③失敗させないためのポイントとコツ

ジップロックにお肉を入れたら、しっかりと空気を抜くことが一番のポイント。

完全に抜けていないと、炊飯器の中で浮いてしまうのです。

空気抜きにはストローを使うなど、工夫をして完全に空気を抜くことを忘れずに。

途中でフライパンで焼くことがコツです。

面倒に思うかもしれませんが、この過程こそがお肉の旨みを閉じ込める大事なプロセスです。

出来上がりがピンク色になっていたら、大成功ですよ!

いかがでしたでしょうか?

炊飯器でローストビーフが作れちゃうなんて、一昔前では考えられませんでしたよね。

炊飯器で作ることで、簡単で、失敗もしないことはもちろんのこと、肉の臭みもなく、パサつき感もなく、お店で味わうのと遜色ないローストビーフが作れちゃいます。

初めは炊飯器でローストビーフ!?

と思うかもしれませんが、ここでご紹介した手順で作っていただければ、炊飯器でも簡単に失敗せずにローストビーフが作れちゃいます。

今は炊飯器で色々な料理が出来るようになりました。

炊飯器は「炊飯」のボタンを押すだけでいいのですから、最も簡単で失敗知らずだと思います。

炊飯器の進化と共に、ローストビーフ初め、難しい料理も炊飯器で作れるのですから、炊飯器は主婦の味方ですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *