カロテンの栄養効果って?野菜と果物は何があるの?

カロテンと聞いてもあまり分からない栄養素だと思います。

それではβカロテンではどうでしょうか?

一回はβカロテンと聞いたことあるのではないでしょうか?

ここからはβカロテンと呼んでいきます。

βカロテンという栄養素は、とても優れた栄養素であって、ある条件でビタミンAという栄養素となるんです。

積極的にβカロテン(=ビタミンA)を摂っていくと、実に様々な効果が見られます。

体の隅々まで効果を表す、利口な栄養素なんです。

βカロテンが含まれている野菜や果物もあります。

野菜や果物なら、無理なく摂り続けることが出来ますよね。

βカロテンが含まれている野菜や果物もお教えしますね。

スポンサーリンク

➀βカロテンの栄養素

βカロテンは600種類以上もあるカロテノイドの中でも、代表的な栄養素です。

βカロテンが吸収される時に、小腸壁までビタミンAの栄養素に変換されるという、とても特徴的な栄養素です。

体内に取り込まれる栄養素のビタミンAの必要量に応じて、βカロテンはビタミンAに変換されて、残りはβカロテンのまま体内に蓄積されます。

ですから、βカロテンを摂り過ぎるということは防げるわけです。

そして、もう一つの特徴と言えば、βカロテンとビタミンA両方の栄養素としての、働きが行えることです。

➁βカロテンの効果

βカロテンは強い抗酸化作用を持っていて、身体の中に出現する活性酸素を排除する働きがあります。

活性酸素が出現する原因は、

・たばこ

・アルコール

・強いストレス

・紫外線

と言われています。

これによって、活性酸素は老化を早めて、生活習慣病を引き起こす要因となっているのです。

それをβカロテンの強い抗酸化作用で、防げるわけですから、βカロテンは身体には必要な栄養素です。

では、具体的にβカロテンの効果を見ていきましょう。

・夜盲症の予防、改善に効果的

・黄斑変性症の予防に効果的

・目の健康を維持することに効果的

・風邪を引きにくくすることに効果的

・美肌にする効果あり

・癌を予防する効果あり

・子供の成長を助けることに効果的

このようにβカロテンには、様々な効果が期待できるのです。

➂βカロテンを含んだ野菜、果物

それでは、今の生活にどうやってβカロテンを摂り入れていけばいいのか?

手っ取り早いのが、βカロテンを含んだ野菜や果物を食べることです

野菜が苦手でも、果物なら食べられる人もいるかと思います。

100g中何μg摂取できるかについて、ご紹介します。

野菜1 ⇒ ニンジン 9000μg

野菜2 ⇒ かぼちゃ 4000μg

野菜3 ⇒ モロヘイヤ 10000μg

野菜4 ⇒ ほうれん草 5500μg

調理方法やその人の体質によって、消化吸収率の効率は異なりますが、加熱料理して摂取できる野菜は、吸収効率が良いと言われています。

ですから、上に挙げた野菜は、積極的に摂り入れたい野菜でもあります。

果物1 ⇒ メロン 3600μg

果物2 ⇒ みかん 1100μg

果物3 ⇒ スイカ 830μg

みかんなら冬場、スイカなら夏場に摂り入れやすい果物ですよね。

果物でこれだけのβカロテンが摂取できるなら、体の健康や美肌に嬉しい効果が期待出来ますね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *