シークワーサーの効能が凄い!育て方と食べ方を教えます!

lime-907124_960_720

シークワーサーと聞くとすぐに沖縄の果実だ!と思いますが、実際、シークワーサーを食べたり、飲んだりしたことがある方は多いのでしょうか?

なかなか普段の生活でシークワーサーを手に入れるシーンがないので、縁がない果実だと思いがちですよね。

でも、シークワーサーに含まれる成分の効能はたくさんあるんです。

その効能を生かしてより健康的になれるので、是非、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

シークワーサーは割りと簡単な育て方で大丈夫なようです。

あまり手間のかからない育て方ですので、栽培するのもアリですよ。

自分で栽培したシークワーサーを使って調理すると、色々な食べ方に出会えますよ。

ジュースだけでないシークワーサーの食べ方もありますので、トライしてみて下さい。

女性ならすぐに好きになるシークワーサーです。

スポンサーリンク

➀シークワーサーの効能

〇免疫力アップ

免疫力が落ちてくるとビタミンCも大量に失われます。

そんな時、ビタミンCたっぷりのシークワーサーを摂取して免疫力を高めましょう。

〇老化予防

シークワーサーにはビタミンC、Eが豊富に含まれていますので、シワ予防、美肌、美白効果が期待できます。

壊れやすいビタミンCをヘスペリジンという成分がビタミンCを安定させます。

〇疲労回復

シークワーサーに含まれるクエン酸は疲労を回復します。

その証拠に、クエン酸の値は、梅干しの1.6倍。

レモンの2.2倍です。

〇新陳代謝を高める

皮膚や粘膜の機能維持や成長に役立っています。

女性の美容効果や子供の成長に欠かせない成分となっています。

〇美肌効果

〇癌抑制

〇血糖値上昇を抑える

シークワーサーに含まれるノビレチンインスリンの機能を正常化してくれます。

〇ダイエット効果

シークワーサーは他の柑橘類よりも低カロリー。

また、ビタミンCとクエン酸で新陳代謝を高めて、脂肪を燃焼することが出来ます。

➁シークワーサーの育て方

一番の条件と言ってもいいですが、まず日当たりの良い場所を選びましょう。

日当たりによって育ち方ももちろん違いますが、果実の甘味が増すことが分かっています

植え付けなら3月~4月がおススメ。

1カ月に1回は油カスや鶏フンなどの有機質肥料を施しましょう。

最初の1、2年は肥料は多め。

3年目から肥料を控えて、だいたい年に4回のサイクルで肥料を施します。

水やりは1週間に一回程度。

シークワーサーは四季を通じて楽しめる常緑樹ですから、土の表面が乾いたらしっかり水やりをしましょう。

日当たり重視なことは上述しましたが、防寒対策もしっかり行いましょう。

収穫時期については以下が適しています。

料理に使えそうな青キリ ⇒ 8月下旬~9月

ジュースに適した原液用 ⇒ 10月~12月中旬

甘味盛りの生食用 ⇒ 12月下旬~2月末

➂シークワーサーの食べ方

〇ジュース、サワー

代表的な栄養素としてノビレチンを挙げましたが、ノビレチンを上手く利用するなら、果皮は捨てずに圧搾するのがおススメです。

まだ苦味がある場合は、はちみつを入れたり、紅茶のレモン代わりに入れてもGOOD!

〇ドレッシング

爽やかな香りと酸味が特徴のシークワーサーですから、シンプルなサラダにはさっぱりとした味で、サラダの素材を壊すことなく摂取できます。

〇薬味

魚料理や肉料理とも相性がいいですよ。

香り、酸味、クエン酸の三段階で食欲を刺激されます。

〇ジャム

〇ゼリー

〇ケーキ

など、シークワーサーが活躍する食材は多くあります。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *