春雨はカロリーが高い!ダイエットに不向き?炭水化物のせい?

春雨というとどんなイメージがあるでしょうか?

低カロリーな食品というイメージが多いでしょうか?

しかし、春雨って思っているほどカロリーは低くなく、逆にカロリーが高いんです!

春雨をダイエット食材として使っている方もいらっしゃるかと思いますが、何もそれが間違っているという訳ではありません。

春雨ダイエットはやり方さえ正しければ、きちんと結果は出るようになっています。

気を付けたいのは春雨は炭水化物ということなんです。

あとで詳しくご説明しますが、炭水化物と炭水化物を摂る食事になっていると、もちろんダイエットは成功しません。

春雨ダイエットを成功させるために、春雨についてまとめました。

【スポンサーリンク】

➀春雨の栄養素

春雨には緑豆から作られたものと、じゃがいものでんぷんから作られたものがあります。

緑豆春雨には、食物繊維、タンパク質、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄が含まれています。

緑豆自体には解熱作用、解毒効果がありますので、夏バテによる体調不良にも高い効果があります。

夏に食べるつるつるした春雨は美味しさも倍増されますよね。

疲労回復としての役割もしてくれますので、日々の疲れた身体に是非摂り入れたい一品ですね。

緑豆の中の栄養素の一つ食物繊維は、女性の方の悩みの種便秘も解消してくれます。

また、利尿作用もあるのでむくみも解消してくれます。

タンパク質は筋肉量をアップしてくれるので、それによって基礎代謝を高めて、痩せやすい体質になります。

と・・・女性にとっては嬉しい効果ばかりなのです。

ダイエット以外にもライフスタイルの中で、積極的に摂り入れていきたい食材ですね。

➁春雨をダイエットに使う理由

春雨ダイエットのやり方としては、以下の3通りのやり方があります。

・おかずの一品に春雨を摂り入れる

・1食を春雨料理に置き換える

・炭水化物を春雨で代用する

どれもダイエット効果が期待出来そうですが、もともと何で春雨がダイエット向きと言われているでしょうか?

まず、春雨ダイエット云々の前に春雨のカロリーを見てみましょう。

100g=342kcal

と、思っていたよりカロリーは高いのです

じゃあ、低カロリーではないのに、どうしてダイエットに取り入れられているのでしょうか?

それは、春雨が膨らみやすく、少量でも満腹感が得られるという性質を上手く利用したからなんです。

例えば、鍋料理に春雨を入れたら、かなりかさましされていることってあると思うんです。

それと同じことがお腹の中で起こっているという訳です。

春雨は水を含むと乾燥時の約4倍に膨れます。

つまり、100gなら400gになるということですね。

400gになったとしてもカロリーは342kcalのままですから、食べ過ぎた!と思ってもカロリーは多く摂っていない訳です。

➂春雨の炭水化物が落とし穴

春雨を食事の代わりに置き換えばカロリー制限が可能だということはお解りいただけたと思います。

ですが、色んなおかずやご飯がある中で、春雨スープとしてあるならば、それはカロリーオーバーになってしまいます。

どういうことかと言いますと、春雨には炭水化物が含まれおり、白米を毎日食べる人にプラスして春雨を食べると、炭水化物+炭水化物となるので当然太りやすくなってしまうという訳です。

春雨はサラダとしてもよく使われますが、春雨はもともと身体を冷やす作用があります。

ですから、代謝を落としてしまうので脂肪が燃えにくい身体になってしまうこともあるのです。

春雨を食べる時には一緒に身体の温まるものを摂るといいでしょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *