猫背を治すならストレッチ?筋トレ?痩せる可能性もアリ?

active-84646_960_720

猫背の人は実年齢より5歳老けて見えると言われています。

最近はスマホをすることで、猫背になる人が増えています。

そんな猫背を治すにはストレッチや筋トレがいいと言われています。

ストレッチや筋トレによって猫背を治すことにより、改善されるだけでなく、いつの間にか痩せるという嬉しい結果も出ています。

でも、痩せるといっても猫背になっているようではストレッチや筋トレが意味ないですよね。

筋肉は30分以上動かさないでいると、その状態を記憶する癖があります。

猫背はこの記憶する癖が招いているものです。

今回は猫背の影響や、猫背に対するストレッチ及び筋トレで治す手段を紹介しますね。

スポンサーリンク

➀猫背の悪い影響とは?

まず猫背についてですが、人の頭はスイカ一つ分(約6キロ)あり、頭が5㎝前に出るだけで首の負担は2倍かかると言われています。

それだけの負荷があるのですから、早く治す行動を起こさないと、猫背が様々な悪い症状を引き起こしてしまう場合があります。

そんな猫背にどんな症状があるのかご紹介します。

猫背で骨盤の歪みが生じると、腰回りの筋肉バランスが崩れてしまい腰痛の原因となります。

腰が圧迫されることで消化器官が上手に働かなくなり、代謝が悪くなって太りやすい身体になってしまいます。

猫背は女性の悩みである、お腹周りに脂肪がついたり、便秘をしたり、足の冷えまで引き起こす侮れない症状なんです。

また、猫背は精神的にも良くありません。

猫背で下ばかり向いていると自律神経の働きも変化してしまい、鬱病など精神疾患を起こすこともあるんです。

➁猫背のタイプ

背中の中央から前に丸まるタイプ

猫背を維持する筋肉が弱く、常に背中を丸めてしまう猫背タイプのこと。

骨盤前傾型猫背

身体のバランスをとろうとして、腰が反りすぎて首が前に出て猫背になるタイプのこと。

骨盤後傾型猫背

骨盤が普通より後傾している猫背タイプのこと。

フラットバック

S字カーブがなく、首から腰まで背骨が真っすぐになっているタイプのこと。

あなたの猫背姿勢はどのタイプですか?

次はそんな猫背を治すストレッチ及び筋トレの紹介をします。

➂猫背を治すストレッチ及び筋トレ方法

では猫背を治すストレッチ及び筋トレ方法を紹介させていただきますが、猫背を治すだけでなく痩せるダイエット効果も期待できるかもしれませんので是非試してみて下さい。

〇椅子に座ったまま出来るストレッチ

椅子の背もたれを使ってストレッチしていきます。

1 姿勢良く座り背もたれに両手をかける

2 手首から肘の間ポイントで上半身が真っすぐ立つ部分を探す

3 上半身を起こして胸を軽く反らすようなイメージで開いていきます

4 20~40秒キープ

〇腕のばしストレッチ

1 手の平を下にして腕を体の前に持ち上げる

2 反対の手で指を持ち手の平が自分の方に向くように倒して伸ばしていく

3 左右30秒ずつ伸ばす

4 手の平を外向きにする

5 下向きの指を手前に引きつけて胸や肘の内側をストレッチする

〇バードウィング運動

1 椅子に座り良い姿勢

2 息を細く長く吐きながら両手を上げる

3 てっぺんで息を吸って、再度細く長く吐きながら、手の平で外側に向けて肘を曲げながら外に開いていく

4 肩が完全に上がる前の位置で、斜め後ろに腕を引いて肩甲骨を寄せる

5 自分のペースで5回繰り返す

以上が猫背を治すストレッチ及び筋トレでしたが、続けていくことが大事ですので無理なく行い、悪い猫背は治す、そして綺麗に痩せるということを意識しましょうね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *