黒豆茶の効能やカフェインと副作用は?作り方は数分でOK!

黒豆茶というお茶をご存知ですか?

何でも、豊富な栄養素と多くの効能で、今注目されているようなんです。

そこで、黒豆茶についてアレコレ調べてみました。

黒豆茶には実に多彩な効能が見られることに驚きました。

ですが、飲み物というと、ついついチェックしてしまうのが、カフェインが入っているのかどうか。

なんですが、黒豆茶にはカフェインは入っていないようです

多くの優れた効能がある一方で、黒豆茶の副作用についても知っておくべきですよね。

黒豆茶で起こる副作用にはどんなものがあるのでしょうか?

もちろん、黒豆茶の作り方もお教えしますよ。

作り方はとっても簡単です。

皆さまも手軽に作れますよ。

スポンサーリンク

➀黒豆茶の優れた効能とは?

効能1:血液をサラサラに

黒豆茶に含まれるアントシアニンには、活性酸素を除去し、血液をサラサラにする効能があります。

効能2:美肌効果、肌荒れ防止

黒豆茶に含まれるアントシアニンは皮膚のコラーゲン同士を結び付けます

その働きで肌荒れを予防し、美肌を保つ効能があります。

効能3:アンチエイジング効果

黒豆茶に含まれるアントシアニンはシミやシワの原因となる活性酸素を減らす働きがありますので、アンチエイジングが期待出来る効能があります。

効能4:ダイエット効果

黒豆茶に含まれるサポニンは、腸で吸収されたブドウ糖が、脂肪に変わるのを阻止し、脂肪の代謝を促すので、肥満予防の効能があります。

➁黒豆茶の副作用

副作用1:下痢・便秘

黒豆茶は食物繊維が含まれているため、適量であれば便秘解消に効果的です。

ですが、黒豆茶を飲みすぎると、下痢という副作用が引き起こされます。

また、黒豆茶の黒豆そのものを一緒に食べると、黒豆が腸内の水分を吸収してしまい、便秘という副作用が起こります。

副作用2:ホルモンバランスの乱れ

黒豆茶には大豆イソフラボンが含まれています。

それによって、乱れたホルモンバランスを整える効果があります。

ですが、ここでも黒豆茶を飲みすぎると、大豆イソフラボンの過剰摂取となり、却って、ホルモンバランスが乱れるという副作用があります。

女性は生理不順や、生理痛の悪化、肌荒れなどの副作用を起こしやすいです。



➂黒豆茶とカフェインの関係・黒豆茶の作り方

妊娠中に避けたい成分としてカフェインがあります。

カフェインは早産、流産のリスクを高めカフェインの大量摂取で胎盤から胎児に与える影響が大きくなると言われています。

カフェインは体内のカルシウムを尿と共に体の外へ排出してしまいますし、鉄分の摂取も低下します。

黒豆茶にはカフェインは含まれていません。

ノンカフェインのお茶として、色々な場面で活躍します。

黒豆茶の作り方

作り方➀
カップ(電子レンジ対応)に大さじ山盛り1の黒豆を入れる。

作り方➁
電子レンジ500Wで2分温める。
この際、ラップはかけません。

作り方➂
カップを取り出してお湯を注ぐ。

作り方➃
お皿などでフタをして、1~2分蒸らします。

これは1人分の作り方です。

作り方はとっても簡単ですね。

身体にいい様々な効能がある黒豆茶の作り方が分かったら、行動あるのみです。

作り方の特徴としては、最後1~2分蒸らすという作り方です。

黒豆茶の効能はとても有難いですが、副作用を見てみると、ちょっと怖くなりますね。

ですが、黒豆茶を取り過ぎなければ、副作用の心配はないことが分かりました。

また、黒豆茶はノンカフェインだと聞いて、妊婦さんは安心したかもしれませんね。

やはり、カフェインが与える胎児への影響は大きいです。

ノンカフェインの黒豆茶ですから、妊婦さんもためらわずに黒豆茶が飲めます。

その際は、副作用を起こさないように気を付けましょう。

折角の黒豆茶ですから、カフェイン知らず、副作用知らずで、多くの効能で健康になりたいですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *