ほうれい線を消すなら原因から?1分マッサージをご紹介!

年齢と共に目立ってくるほうれい線。

ほうれい線があるだけで、5歳は老けて見られます。

ほうれい線は表情や笑顔まで変えてしまう、何とも厄介な存在なのです。

ですが、ほうれい線はシワではないので、消すことが出来るんです!

ほうれい線が出来る原因を探って、ほうれい線を消す方法を知りましょう。

ほうれい線が出来る原因には様々なことが関係しています。

ひとつひとつの原因に着目しました。

そして、ほうれい線を消す方法の一つに、マッサージという手段があります。

1日に10分で出来るマッサージなど、マッサージにも種類がありますが、10分もやってられない!

という方にとっておきの1分マッサージをご紹介します。

スポンサーリンク

➀ほうれい線の原因と消す方法-その1-

表情筋の衰え

ほうれい線は頬の筋肉の衰えからくるたるみが原因です。

ほうれい線を消すには、普段から頬の皮膚がたるまないように、頬の筋トレが必要となってきます。

普段、家事や仕事をしている時、サービス業でない限り、無表情になっているかと思います。

それがほうれい線の原因となっているのですが、日常生活での顔の筋肉は全体の3割しか使っていないんです。

表情筋の衰えからくるほうれい線の消す方法は、➂で紹介するマッサージを試してみて下さい。

皮下脂肪とたるみ

ほうれい線が出来やすい人は、皮下脂肪が多い人です。

皮下脂肪が多い人は、肌の弾力が低下しやすいからです。

皮下脂肪は真皮にダメージを与え、エラスチンという弾力のある繊維がバラバラになることが原因で、肌の弾力が失われて、ほうれい線が出来る原因となるのです。

消す方法としては、皮下脂肪をため込まないように、バランスの良い食生活

適切な睡眠と運動を取り入れた生活習慣を心掛けることが、ほうれい線を消す方法です。

➁ほうれい線の原因と消す方法-その2-

紫外線と乾燥

ほうれい線の原因として、忘れてはいけないのが紫外線と乾燥です。

肌の老化に大きな影響を与える紫外線は、ほうれい線の天敵です。

肌の真皮層は約70%のコラーゲンで出来ているのですが、紫外線がそのコラーゲンを壊してしまいます。

そうすると、弾力が低下して、ハリがなくなり、ほうれい線の原因になってしまうんです。

また、紫外線を浴びることで、肌の水分が奪われて乾燥することも、ほうれい線が出来る大きな原因となります。

コラーゲン、エラスチンを生み出す繊維芽細胞の活動が鈍って、ハリ、弾力が失われることも、ほうれい線の原因ですね。

消す方法としては、紫外線対策を季節に関係なく十分にすること。

そしてもう一つの消す方法は、肌の乾燥を引き起こさないように、保湿を心掛けましょう。

スマホ

スマホが普及してから、その利用方法や時間によって、ほうれい線の原因を作ってしまっています。

スマホはどうしても猫背になりやすいですよね。

その姿勢がほうれい線の原因、顔のたるみを作り出しているのです。

消す方法としては、シンプルに姿勢を良くして、長時間やらないことですね。

ほうれい線を消す1分マッサージ法

➀ 口の中に手を入れて下から上へマッサージ。

上から下へマッサージします。

これは口の中の筋肉をほぐして、柔らかくすることで、弾力が出来てほうれい線が薄くなるマッサージ法です。

➁ 口を膨らませたり、凹ませたりして、内側からシワを伸ばして、ほうれい線を薄くするマッサージをします。

➂ 最後にはゆっくりリラックスして、外からほっぺたをつまんで、下から上にスライドさせるマッサージ法で締めます。

以上の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *