唇の乾燥対策から原因まで!病気の可能性もアリ?

唇が乾燥で荒れてしまった経験、誰にでもありますよね?

特に冬場はリップのお世話になりっぱなしです。

唇は皮膚が薄く、デリケートな部分ですから、唇の乾燥対策も繊細にならざるを得ませんよね。

ですが、唇が荒れるのは、唇が乾燥しているからだけとは言えないのです。

病気の可能性もあるのです。

ですから、唇が荒れる病気の原因と対策について、お話ししていこうと思います。

もし、今、唇が荒れていたら、それは乾燥ではないかもしれません

原因と対策によっては、病気が酷くなる前に、何か対策が得られるかもしれませんので、是非、参考にしてみて下さい。

傷つきやすくて、乾燥しやすい唇の、別の姿が見られそうですよ。

スポンサーリンク

➀唇が乾燥すると荒れる原因とは?

唇は水分を保つ角質層がとても薄く、皮膚を分泌する皮脂腺がないので、荒れやすい構造によって、乾燥するととても弱いです。

唇が乾燥すると、表面の薄い皮が硬くなり、裂ける、剥ける、腫れる、の三拍子揃って荒れていきます。

<乾燥の原因>

原因1:口呼吸

原因2:唇をなめる

原因3:紫外線

原因4:水分補給不足

<乾燥の対処法>

・リップクリームで潤いを保つ

・唇をなるべくなめない

・小まめに水分補給

原因に思い当たる人は、癖になっているものから改めるといいですね。

➁唇が荒れる乾燥以外の原因と対策-病気編1-

➀で説明した対策法をとっても、唇の荒れが改善されない場合は、唇の乾燥以外に原因がある恐れがあります。

それは、病気と繋がっているかもしれません。

その原因と対策についてご説明します。

病気➀口唇炎

<原因>

唇の炎症を起こして、唇が赤く腫れたり、唇が裂けて出血したり、唇がカサカサして皮が剥けたりする症状の病気。

<対策>

放置していても自然に回復しますが、寝る前にハチミツを唇に塗っておくといいでしょう。

病気➁接触性口唇炎

<原因>

リップクリーム、口紅、歯磨き粉などの成分で、アレルギー反応やかぶれを起こしてしまう病気。

<対策>

原因となる刺激物を使わないことが先決です。

代わりに刺激の弱いものに変えましょう。

➂唇が荒れる乾燥以外の原因と対策法-病気編2-

病気➂アトピー性口唇炎

<原因>

アトピー性口唇炎などのアレルギー体質で、最も多く報告されるのが、「ドライスキン」です。

これは、生まれ持った乾燥肌が、どうしても刺激に弱い状態を作ってしまっています。

<対策>

唇が乾燥しないように、加湿器を使ったり、ワセリンなどの保湿成分を唇に塗っておきましょう。

病気➃光線口唇炎

<原因>

唇と皮膚の境目に不明瞭になり、荒れて皮がめくれやすくなります。

下唇に起こりやすく、共通するのは外で働く人や、紫外線を浴びる時間が長い方に見られます。

<対策>

日焼け止め効果のあるリップクリームを、小まめに塗りましょう。

病気➄剥脱口唇炎

<原因>

条件さえ整えば、誰にでも起こり得る病気。

症状としては、水に濡らすと唇が白くふやけます。

更に、その唇をめくると、赤くなった唇の皮膚が現れます。

<対策>

ビタミンB2、B6を積極的に摂る。

以上の唇ケアがお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *