セルライトが痛い原因とは?潰し方は要注意すべき?

セルライトと聞いて、ダイエットに敏感になっている方なら、すぐに分かるかもしれませんね。

セルライトの正体は、お尻や太ももなどの下半身によく見られる、ボコボコした脂肪の塊のことです。

セルライトで痛いと感じるようでしたら、重症化しているかもしれません

痛いとまで感じる、セルライトの原因を知っていきましょう。

セルライトの原因は、今後のライフスタイルにも多いに関係してきます。

そんなセルライトをどうにかするために、潰し方をご紹介します。

潰し方もたくさんの方法があるのですが、その中でも簡単な潰し方をご紹介します。

痛いと感じるセルライトの原因を改善することで、セルライトの問題を解決します。

【スポンサーリンク】

➀セルライトが痛いのはどうして?

セルライトは見た目の美しいものではなく、触ると痛いことが多いですよね。

どうして痛いのか?

セルライトが出来ている部分には、膨れ上がった脂肪細胞がリンパ管や血圧を圧迫してしまいます。

圧迫されることで血液の循環が上手くいかなくなってしまうんですね。

血液やリンパの流れが悪くなると、体の中の老廃物水分が溜まってしまい、更にセルライトが悪化してしまう。

そうすると痛いと感じるようです。

滞ったものがお互いに圧迫し合うことで痛いと感じる訳ですね。

触ってみると分かるかと思いますが、痛いということはカチカチにセルライトが固まってしまっているということです。

痛いと感じるほど悪くなる前に、セルライトは何とかしないといけないですね。

痛いことのないセルライトのマッサージ法を➂でご紹介します。

➁セルライトが出来る原因とは?

原因1:運動不足

定期的に筋力に負荷をかけないと、だんたん筋力は衰えていく一方です。

基礎代謝を上げないと脂肪が溜まってしまうので、運動不足は原因の一つです。

原因2:睡眠不足

中途半端な睡眠時間だと、食欲が出るスイッチが入ってしまうことがあります。

寝不足が原因だとセルライトもそこに付け込んできて、睡眠不足が原因の一つに挙げられるのです。

原因3:食生活

脂肪分が多い食事を摂っていると、血中コレステロールが増えてきて、脂肪が溜まります。

そうすると血の巡りが悪くなるので、イコール、セルライトが増えてしまう原因となるのです。

原因4:老化現象

老化による筋力低下が原因。

筋力低下で脂肪を支えることが出来なくなり、血管のリンパを圧迫してしまいます。

そうすると、老廃物が流れないで詰まってしまうので、老廃物と脂肪が混ざって、セルライトが出来る原因となります。

➂セルライトの潰し方

手順1:足裏を指圧

手順2:ふくらはぎ~膝のリンパマッサージ

優しく手の平を使って、下から上にかきあげるようにします。

ふくらはぎの表側から線を描きながら、膝下にリンパ節にゴミを集めるようにする

手順3:太もものセルライトを潰す

セルライト撃退にはマッサージという潰し方が効果的です。

抹消血管から体の中心である心臓に向かって潰していくことで、リンパの流れを促進して、代謝を高めます。

セルライトの潰し方は基本はこのような手順ですが、様々なやり方があります。

ご自分のやり易い、続けやすい潰し方を選んでみて下さい。

そしてここで、セルライトの潰し方の注意点に触れていきます。

まず、潰し方と言っているからと言って、力を入れる潰し方ではありません。

優しくマッサージすると言った方が分かり易いですかね。

そして、長く続けていくことが大事です。

➁で触れた原因となっているものを、改善していくことも、セルライト退治には必要です。

セルライトが出来てるな、なんだか痛いな、と思ったら、セルライトの潰し方を参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *