ほくろ除去クリームで安く取ろう!失敗しないやり方とは?

小さい頃から疑問だったのが、どうしてほくろが出来てしまうのか?

ということでした。

大きいほくろが顔などにある場合は、ほくろを除去する選択肢もあるかと思います。

ほくろの除去と言うと、美容外科などの病院でしか出来ないと思っていませんか?

実は、自分でほくろを除去するクリームがあるんです

これなら、自宅で簡単に行えて、人に知られずに除去していくことが可能です。

クリーム自体も決してお高い訳ではなく、お手頃に始められます

ですが、それには失敗するかもしれない、といったリスクが伴います。

ほくろ除去クリームで失敗しないために、いくつかの注意点を挙げてみました。

スポンサーリンク

➀ほくろ除去クリームの種類

ほくろ除去クリームは残念ながら、日本では手に入りません

その点、海外では当たり前のように使われているクリームですので、輸入してもらうことになります。

病院でなく自宅で自分の手でほくろ除去していくメリットは、費用が病院より断然お安いからです。

病院では、ほくろ除去には保険が適用されるとはいえ、2㎜以下で5,000円となっていて、じゃあ、5個ほくろ除去したいならどうなるか?

25,000円もかかるという訳ですね。

このほくろ除去クリームのプロセスとしては、クリームを塗る ⇒ かさぶた ⇒ 除去(2週間程度)となっています。

ほくろ除去のクリームには3種類あります。

ハーブ系。漢方薬系。薬品が含まれているもの。

ハーブ系のクリームでは、塗る前にほくろに小さな傷をつける必要があります。

傷の上からクリームを塗って、かさぶたにさせます。

だいたい1ヵ月で綺麗に除去できます。

漢方のクリームの場合は、天然漢方薬草成分を使用していて、あまり肌トラブルはありません。

➁ほくろ除去クリームを塗る時の注意点

毎日、クリームを塗るだけで、ほくろが除去できるのは嬉しいですが、それなりのリスクはあります。

まず、色素沈着が起こりやすくなります

ですから、絶対にほくろに多くつけ過ぎないこと、放置し過ぎないことを守って下さい。

初めは、顔のほくろからではなく、腕や足のほくろから試していきましょう。

そして、ほくろ除去クリームを塗ったら、なるべく紫外線を避けるようにしましょう。

紫外線を浴びることで、色素沈着が起こるからです。

また、美白石鹸やナイロンタオルも刺激になってしまうので、避けた方がいいでしょう。

➂ほくろ除去クリームの失敗例

以下の注意して欲しい3つの失敗例も覚えておきましょう。

失敗1:かさぶたをはがす

ほくろにクリームを塗ることで、ほくろがかさぶたとなって、剥がれ落ちるのを目的としています。

ですから、その間はとにかく患部に触れないことです。

かさぶたになっていると、どうしても気になってついつい触ってしまいがちですが、触ることで失敗することが多々あります。

失敗2:広範囲につけ過ぎる

クリームはピンポイントにほくろだけに塗らないと失敗を招きます。

ほくろ除去クリームは、皮膚への刺激があまりにも強いので、ほくろ以外の皮膚にも塗ってしまうと、肌トラブルを起こし、失敗してしまいます。

失敗3:いきなり顔のほくろに塗る

顔のほくろに使った場合、万が一失敗したら、顔に一生消えない跡が残ることになります。

これは、失敗といった一言では片付けられません。

まずは、顔以外の部位から試していって、コツを掴んでから顔に塗っていきましょう。

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *