生理痛が緩和する食べ物や飲み物は?悪化させる場合も注意!

生理痛は実際、生理痛のお薬を飲んでも、完全に無くなることはありません。

あくまでも緩和してくれるだけです。

ですから、女性である以上、ある程度の年齢までは、生理痛とはずーっと付き合っていかなくてはなりません

そこで、薬に頼るだけでなく、自分でも緩和させるような工夫をしなければと思います。

生理痛を緩和する食べ物、飲み物があります。

それらの食べ物、飲み物を上手く取り入れて、少しでも生理痛から緩和されたいですね。

逆に、生理痛がひどくなる食べ物、飲み物も知っておきたいところです。

そんな知識を身につけましょう。

【スポンサーリンク】

➀生理痛を緩和させる方法

生理痛緩和1:カイロで温める

お尻の割れ目のすぐ上にある骨から、さらに少し上になる逆三角形のプレート状の骨。

そこを仙骨と言います。

この仙骨の周りを温めるといいと言われています。

仙骨は子宮に近い場所なので、生理痛の緩和が期待できます。

また、子宮を挟む形で、おへその下にもカイロを張ると、なお、生理痛の緩和になります。

生理痛緩和2:足湯・入浴

身体を温めると血行が良くなるので、生理痛の緩和になります。

足湯だけでも生理痛の緩和に十分なりますよ。

生理痛緩和3:温かい飲み物を飲む

温かい飲み物で身体を温めると、生理痛の緩和になります。

リラックス効果もあるハーブティがお勧めです。

生理痛緩和4:ストレッチをする

簡単なストレッチや体操で、血行を良くすることも、生理痛の緩和になります。

ただ、身体を伸ばしたり、動かしたりする程度でも全然いいですよ。

➁生理痛を緩和する食べ物

生理痛のみならず、普段から栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。

生理痛を緩和する食べ物をご紹介していきます。

精製されていない玄米、黒糖といった食べ物を摂っていきましょう。

納豆、ヨーグルトなどの乳製品の食べ物を習慣付けて食べていくと良いです。

ジャガイモ、レンコン、ニンジンなどの根菜類などの食べ物は、身体を温める作用があるので、生理痛を緩和させていきます。

中でもおススメな食べ物は生姜です。

生姜は冷えたら温めて、熱い時は熱を取ってくれる、優れた食べ物です。

また、玉ねぎ、ニンニクといった食べ物も、血液の循環を促してくれます。

生理痛の便秘

生理前はどうしても便秘になりやすいです。

ですから、イモ類、こんにゃく、海藻、キノコ、切り干し大根、干し柿などの食べ物から、食物繊維を摂っていって、便秘の問題はクリアしましょう。

生理痛の貧血

生理痛の中では貧血を起こしてしまう場合もあります。

その場合は、肉類、レバー、ほうれん草、牛乳など、鉄分豊富な食べ物を摂るようにしましょう。

これらは生理痛を緩和させる食べ物としてご紹介してきましたが、

逆に、生理痛を増大させてしまう食べ物もあります。

インスタント食品や、お菓子など砂糖や脂肪の多い食べ物は控えた方がいいですね。

➂生理痛を緩和する飲み物

基本的に、生理痛を緩和するには、身体を温める飲み物がいいですね。

冷たい飲み物が欲しいときは?

夏のシーズン、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

だからと言って、砂糖がたくさんのジュースや缶コーヒーの飲み物は、イライラや精神不安的の元になります。

そういう時はミネラルウォーターか麦茶といった飲み物に限ります。

また、カフェインは血管を収縮させる作用がありますので、例えホットであっても、コーヒー、紅茶、緑茶の飲み物の摂り過ぎは、生理痛をひどくさせやすいのでご注意を。

温かい飲み物のお勧め

温かい飲み物でお勧めなのが、ハーブティです。

・ジンジャー
・ローズヒップ
・カモミール
・ペパーミント

などが適しています。

また、生理痛で食欲がない場合は、温かい野菜スープがいいですね。

野菜は生のままでは身体を冷やしてしまいます。

生理痛を緩和する方法、食べ物、飲み物をご紹介してきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *