ハーブボトルの使い方!温め方は?効能も知りたい!

今話題のハーブボールはもうお試しですか?

女性には嬉しい効能がたくさんのハーブボールですが、その使い方も簡単です。

ハーブボールは蒸すという独特の温め方で効能を発揮します。

ちょっと不調だな、と思ったらハーブボールをその部分に当てて温める使い方でいいのです。

それによって未然に病気を防ぐことが出来るハーブボール。

温め方も蒸すだけなので手間暇が要りません。

自分のお気に入りのハーブや、症状別に調合したハーブを使う使い方で、家庭でのセルフケアが出来てしまいます。

ここではハーブ別の効能を簡単にご紹介していきます。

スポンサーリンク

➀ハーブボールとは?

ハーブボールはハーブを布に包んで蒸して身体に当てるタイの伝統的治療方法です。

下腹部を温める効能がとても高く、現地のタイでは妊婦ケア、産後ケアとしても利用されています。

タイではマタニティライフにも専門の施設が数多くあり、女性特有の不調であったり、更年期の不調などに悩む人が少ないと言われています。

ハーブボールを日本でもどんどん取り入れていくと、女性には有難い効能がある訳ですね。

ハーブボールに使うハーブは、基本的に天日干しなどで乾燥させたものです。

ハーブボールを使ってマッサージする温め方もありますし、蒸してスチームを子宮から吸収する温め方もあります。

このように蒸して温めて身体に当てる使い方や、マッサージして使う使い方もあるという訳です。

このハーブボールは身体でも顔でもお使いいただけます。

肩、首コリだったらそこに当てるという使い方をします。

また、リンパの滞りやすい場所として、耳下腺、鎖骨、脇、ふくらはぎなどを当てる使い方もお勧めです。

そして、いちいちハーブボールを蒸すのが面倒臭いという方には、電子レンジで代用する温め方でも大丈夫なんです。

マッサージに使う場合は、電子レンジでチンする温め方でいい訳です。

ハーブボールに十分水を含ませて、耐熱皿に置いてラップをして、電子レンジで温める温め方。

温め方の目安は500Wで1分~1分10秒です。

ちょっと熱い場合には少し置いて冷ますという使い方でOKです。

本格的にやりたい方は蒸す温め方の方がいいかもしれませんね。

➁タイのハーブボールの効能

具体的にハーブボールに使うハーブにどんな効能があるのでしょうか。

<タイのハーブボールまとめ>

・プライ(ポンツクショウブ)

身体を温め、生理時のデトックス効果、生理不順にいい。

・レモングラス

レモングラスの香りにはドーパミンの分泌を促す。

・こぶみかん果皮・葉

生理不順、つわり、吐き気などに効果的。

乾燥肌、アトピーにもいい。

・ガジュツ(紫ウコン)

胃腸系に良く血行促進を促し、抗酸化作用、解毒作用あり。

・シナモン

産後のケアによい。

このような効能を温め方や使い方によって実感することが出来ます。

ハーブボールには思いがけない力があるのですね。

➂日本のハーブボールの効能

日本のハーブとして有名なのが「よもぎ」です。

よもぎは「絶対ハーブ」とも言われるマルチな効能が期待できます。

<日本のハーブボールまとめ>

・月見草

生理痛の緩和、抗アレルギー作用

・月桃

更年期

・柚子

血行促進を促し、新陳代謝を活発に。

冷えや疲労回復、風邪予防にも。

緊張、イライラなどのストレスの緩和。

・くわの葉

別名「マルベリー」

便秘解消、美白、生活習慣病に効果的。

・生姜

新陳代謝を高めて身体を温める。

発汗、利尿作用がありむくみに効く。

・杉葉

腎系の作用があり髪や爪に効果的。

・ハトムギ

水分代謝を高めてむくみに効く。

吹き出物やシミなどの肌トラブルを解消。

このようなハーブ別の効能を見ていくと、その使い方や温め方次第でより効果的な作用があるようですね。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *