レーズンのカロリーは高い?糖質はダイエットに天敵!

ちょっとしたおやつにレーズンを一つまみ。

これがレーズンが高いカロリーになってしまう入口となっていること、気付いてましたか?

レーズンはもともとは果物なんだから、カロリーが高いわけがない!というのは誤った情報です。

今流行りの糖質制限ダイエットの中でも、時に、レーズンはちょっとした間食にならいい

という意見と、糖質制限ダイエット中なら、レーズンは控えた方がいい、という意見があります。

果たして、どちらが正しいのか?

といった点を紐解いていきます。

どうして一見ダイエットとは関係のないレーズンが、高いカロリーで糖質ダイエットにはいいのか?悪いのか?との議論になるのか、一緒に見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

➀レーズンは実はカロリーが高い?

レーズンのカロリーは10粒(20g)で30Kcal。

こう見ると、低カロリーでダイエットにも向いていそうな印象を受けますよね。

ダイエットをしている人の中では、ドライフルーツはダイエット中のはおススメなおやつと言われています。

実際、レーズンも市販のお菓子よりは、カロリーは低いです。

ここからが問題なのです。

レーズンを食べる時、10粒でお終いに出来る人ならいいんです。

問題なのは、10粒で終わらず、止まらなくなって、ついついレーズンを食べ過ぎてしまう。

この行動がカロリーオーバーになる落とし穴なんです。

ですから、レーズンはカロリーが高い部類に入ってしまうという訳なんです。

レーズンは1粒が小さいので、かなりの量を食べないと満足感が得られません。

それが結果、カロリーが高いとなってしまうのですね。

➁糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、カロリー制限ダイエットとは異なり、カロリーの計算は要りません

ただ単に糖質が多い食べ物を摂らない。

というだけのダイエットが糖質制限ダイエットです。

カロリー制限ないこと。

腹八分目でいいこと。

肉を食べていいこと。

アルコールもOKなこと。

などから、続けやすく、失敗しにくいダイエット法です。

糖質制限ダイエットで守ることは、

1.1日3食きちんと食べること

2.1日の糖質の量は50g以下にすること

とにかく、糖質は減らしても、食事を抜くことは一番やってはいけいないのが、糖質制限ダイエットです。

➂糖質制限ダイエットでレーズンがNGな理由

➀と➁のまとめとなりますが、レーズンは高い糖質なので、糖質制限ダイエットではNGな食材の部類に入ります。

レーズンは果物から作られるから、糖質制限ダイエットには関係ないのでは?

というのは、NGな知識です。

レーズンを100gあたりで見た時は、

糖質量 : 83.4g

カロリー : 315kcal

となっています。

ですからレーズン50gを摂ると、1食分の食事以上の糖質量と高いカロリーだと言うことになるのです。

ちょっと待って、レーズンを50gなんてそんな量食べないけど。

という声もありそうですが、レーズンは1袋80gです。

しかも小さいものですから、袋を開けたらいつの間にか、やめられない、とまらない、で50gなんてペロリと食べてしまうものなんです。

ですから、レーズンは砂糖と同じ扱いになってしまいます。

高いカロリー、高い糖質になってしまう最大の理由は、レーズンは乾燥させているので、その分水分を飛ばしているからなんです。

先にも申し上げました通り、水分を飛ばしていることで、レーズン一粒が小さくなっているので、つい食べ過ぎてしまうということが起こり得る訳なんです。

ですから、糖質制限ダイエットをしている人には、レーズンはカロリーが高いので、向いていない食べ物だということがお解りいただけたと思います。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *